Katoyan式

Allieのエリザベスカラーは、まだ外せない。傷はカサブタ状になっているが、外すとやはり舐める。散歩中も着けたまま。「Allieちゃん、拾い食いするから、帽子を被せられたの?」と聞かれたりする。Allieの悪い癖は公園でも有名になっている。

拾い食いに関しては、飼い主は散歩中ずっと地面を見張っているのと、Allieの視野が狭くなっているのとで一時的に収まっている。もし口に入れても、「オフ」の命令と、スクールで習った「口開け」とで、出すこともできるようになった。ただしSHUNちゃんのように命令に従って自ら出す、というところまでは行かない。

そこで、SHUNちゃんの飼い主であるKatoyanさんから教わった、食事中の「オフ」を実践することに。
①大根だけを入れて、「オフ」と言う。Allieは口に入っている大根はあわてて飲み込もうとするが、お茶碗の大根は食べずに待つ。
②「よし」と言ってお茶碗の大根を食べさせる。
③途中で「オフ」と言って、口の中に手を入れて取り出そうとすると、抵抗しない。
④取り出した食べかけの大根に、いつものフードを足してやり、「よし」と言う。
⑤途中で再度「オフ」。Allieは食べるのを中断。

e0009283_922189.jpg


Allieは「オフ」を「止めろ」の合図と理解しているようだ。それでもいい。
by babeha | 2006-08-16 09:10 | しつけ
<< PSD Dog School 写真集 Allieの小さい過ち、飼い主... >>