Dog School Report (33) 基礎訓練

8月最後の日曜日、今日も暑い。ドッグスクールへ行く準備を始めると、Allieは興奮する。いつものデイバッグを背負うとワンワン吠えて飛び跳ねて、飼い主を急かせる。

今日の前半のメニュー。
①ゆっくり歩行。犬がよそ見したり、下を向いたりしないようリードコントロールを怠らない。
②90度右に進路変更。左足を軸にして、歩行を止めず、犬をすぐ脇につけて方向転換。
③歩行中、突然の停止。

この3つは基本中の基本だが、これができないと犬を連れての正しい散歩ができない。散歩に「正しい」と「正しくない」があるのか、というと、あるのだ。他の犬とのトラブルを起こさせない、拾い食いをさせない、危ない犬が近づいたらさっさと避けて歩く、またはすぐ止まる、といったことが自然にできるようになるには、普段からこの『基本の基本』ができていないと、とっさの時の対処が簡単ではない。

カッコいいことを書いたが、Allie&飼い主はこの基本をまだマスターしていない。ある程度練習を続けていくとだんだん体が慣れて上手になるが、最初の一歩から上手く行くわけではない。常に自然に上の①~③ができるようになるよう努力あるのみ。

休憩中、サラとリオがお行儀良く「伏せで待て」をしていたので、ちびっ子達も加わると
e0009283_15382772.jpg

僕も、私も、と寄ってきて
e0009283_1545367.jpg

結局全員が仲良く勢ぞろい。
e0009283_20215584.jpg

(これは是非、写真をクリックして拡大で見ていただきたい)
e0009283_6315267.jpg


後半は、「待て」をかけて、飼い主が半歩右に寄り、つけ」の命令の後、瞬時に横に正しくつけさせる練習。右手にリードを短く持ち、膝に犬がぶつかるくらい激しく引き、左手で腰を押さえて正しい位置に座らせる。腰を屈めることになるので、結構疲れた。
by babeha | 2006-08-27 15:48 | 学校
<< 「オフ」の方法 リードを着けていないグループ >>