「4、7キロは痩せすぎです!」

今日は獣医さんのところへ行ってフィラリアの薬をもらうことになっていた。だから昨夜ちゃんとシャンプーして、夕方の散歩でついた桜の残骸も、今朝の散歩の時のも取って、きれいな体で向かった。

向かって左が夕べの分、右が今朝の分。
e0009283_11274914.jpg


例のみっともないケージとキャリアーでまず地下鉄の駅に向かうが、駅のエレベーターに乗るまでAllieは喚き通し。「だしてー、だしてー!」とでも言っているつもりなのか。道行く人は全員例外なくこちらを見る。誘拐でもしていると思われたかも知れない。「うるさい!」と叫んでもAllieは言うことをきかない。

ところがエレベーターに乗るとピタッと叫び声が止まった。電車の中でも静かなものだ。お客さんが「おとなしいわんちゃんですね」と感心して話しかけてくる。外にいたときの叫び声を聞いていないからだ。Allieがここまで外面がいいことを忘れていた。

それよりももっと驚いたのは、フィラリアの薬をもらうための体重測定。わずか4、7キロしかない。「ええっ、間違いじゃないですか?」「ご自分の目で確かめますか?」とのやりとり。数字は確かに何回やっても4、7だ。「違う体重計で量ってください」と言う言葉をぐっと抑えて了承した。

1年前の測定では7、1キロで太りすぎの判定。8月のワクチンの時が6、1キロ。それにしても4、7キロは減りすぎだ。念のために血液検査をしてもらう。結果は何もなし。検査代が8,715円もかかっただけ。病気はないが痩せすぎだから、もっとご飯の量を増やすということで先生と意見が一致した。

フィラリアの薬は体重5、6キロで量が変わるので、来月また測定に行くことになった。何回も行くのは大変だから、来月の半ばまでにもう1キロ増やしてやらねば。ご飯の量が増えるのはAllieも大歓迎だろう。それにしても、そんなに痩せていることに全然気が付かなかった...
by babeha | 2007-04-28 11:39 | Allie
<< 御所へ行こう! できた! >>