2007年 04月 29日 ( 1 )

Dog School Report (60) 再びアイコンタクト

今日は今年一番の爽やかな天候。一年中こんな風だといいのに、と思わずにはいられないほど気持ちのいい春の一日だった。

練習は先週に続いて「アイコンタクト」。アイコンタクトを取ることで犬の関心を飼い主に集中させ、他のことを考えない瞬間を作る。そしてその瞬間を持続させることで周囲で起こっていることに惑わされない方向に導く、というもの。


①「付け」で左側に座らせ、飼い主を見させる。そのままで「待て」と言い、犬の周囲を一回転。横に付いてアイコンタクト→褒める。
e0009283_2222173.jpg


②「伏せ」「待て」と言って正面に立ち3秒以上アイコンタクトができれば「来い」と言って呼ぶ。
e0009283_2236318.jpg



③「付け」→アイコンタクト→褒める→「待て」→半歩横にずれて「付け」→アイコンタクト→褒める。

④三匹だけ「付け」でそのままアイコンタクト。他の犬はそのすぐ側をどかどかと歩く。そのような状態でもアイコンタクトを出来るだけ長く保ち、犬の関心を飼い主に引きつけておく。
e0009283_22231062.jpg


④の「どかどか歩き」の時、Allieが足を引きずって歩き出した。先生がAllieの足を触って、筋を違えたのだろうとおっしゃる。飼い主があまりにも乱暴に歩いたので臆病なAllieはびっくりして筋を違えてしまったのだろう。「少しゆっくり歩いて」という先生の指示に従っているとすぐに元に戻った。

あずきちゃんとか、はじめちゃんは非常にきれいな姿勢でアイコンタクトを取る。Allieは顔をちゃんと上げて飼い主を見るのではなく、なんとなく上目遣いに見ているので姿勢的に美しくない。しかもぼうぼうに毛が伸び、眉毛が完全に目を被っている状態なので、こちらを見ているのかどうかも定かではない。

ランチはマルカッサンで。飼い主を待つ三匹。へらへらしているAllie、ふて腐れているはじめちゃん。平気でリラックスしているあずきちゃん。
e0009283_22311170.jpg

by babeha | 2007-04-29 22:47 | 学校