カテゴリ:しつけ( 9 )

躾け方法

PAFEという雑誌に「Dog Whisperer」という躾けの専門家が出ていた。(ちなみに、この雑誌は今まで読んだペット関連のものでは一番いいと思う。動物保険会社の出版しているものなので、話題は犬に限らないが。その他の雑誌も定期購読していたが、つまらないので止めた)

Dog Whispererとは犬に囁く人、というのが直訳になるが、別に囁いて躾をするわけではないようだ。インターネットで検索すると、ある有名なDog whispererの訓練方法がビデオで見られるが(超短時間)、これはある程度躾けの出来ている犬の場合で、当方の役に立たない。彼が出演する、ダメ犬をお利口犬にするテレビ番組が評判になっているらしいが、その同じ人が訴えられたという記事もあった。訓練のために犬を預けたが、大怪我をさせられた、というものだった。愛犬を怪我させるような人の囁きを聞くわけにはいかない。

別の方法もある。6日間で愛犬を天才犬にする、という本は19800円。72時間でアロマにより犬をおとなしくさせる方法は88000円。どちらも、「今なら○○名様に限り○○円引きの大特価中!」即効性があるらしいが、残念ながら当方の財政力がついていかない。

今家でやっているのは、5分間の「待て」の練習。飼い主が見えるところだと、これはできるので、毎日少しずつ時間を延ばして行こうと思っている。飼い主が見えないところだと不安になるらしく、動いて見えるところまで来てしまうのが、Allieのまだまだのところ。3分間くらいしかもたない。きなこちゃんは「30分待て」をやっているようだ。すごいなぁ。

「5分間待て」中のAllie。「ままがこわいかおしてにらむから、しかたなしにやってるの」
e0009283_21384079.jpg

by babeha | 2006-09-19 22:17 | しつけ

「オフ」の方法

昨日、スクールでAllieは拾い食いをしそうになった。口に入れたのはエビフライの尻尾。「オフ!オフ!」と叫びながら口を開けさせた。Allieは鼻に筋を立てて怒る。両手で上あごと下あごを持って口を開けさせるも、エビの尻尾をとる手が足りない。先生がそれを取ってくれた。

休憩時間中に、おやつをもらった。ダイエット解禁のAllieに食べさせているとき、先生が「オフ」の方法を教えてくれた。細長いジャーキーを右手に持つ。「よし」でジャーキーを食べさせ、途中で「オフ」と言う。その時、右手は引かず同じ位置で、Allieの方が食べるのを止めて体を後ろに引くようにする。止めなければ左手でリードを使って顔を後ろに引く。それでも咥えたままだと、左の人差し指で鼻をパッチンする。

これをすると、パッチンしなくても(したのは1回のみ)食べるのを止める。

家でグリーニーズで練習。Allieは「オフ」で止めるが、最後のひとかけらが飼い主の手から離れ、自分の口の中に入ると、そこで「オフ」と言っても止めない。止めるどころか、取られまいと必死で食べてしまおうとする。口をこじ開けて取ることはできる。
e0009283_21273773.jpg


この方法は、今のところ、長いものでないとできない。ご飯のときの「オフ」はAllieが勝手に納得してしまい、一口フードを食べると、何も言わないのに「座れ」の姿勢でフードの追加を待つようになってしまった。ガツガツ食べていても「オフ」と言うと途中で止める。

最後の課題は、口の中に食べ物が入っていても「オフ」で食べるのをやめて、飼い主が指を突っ込んで取り出すのを許す、というところまで持って行く、ということだろう。自分から口の外に出す行為までは、とてもとても望めそうもないから。
by babeha | 2006-08-28 21:28 | しつけ

Katoyan式

Allieのエリザベスカラーは、まだ外せない。傷はカサブタ状になっているが、外すとやはり舐める。散歩中も着けたまま。「Allieちゃん、拾い食いするから、帽子を被せられたの?」と聞かれたりする。Allieの悪い癖は公園でも有名になっている。

拾い食いに関しては、飼い主は散歩中ずっと地面を見張っているのと、Allieの視野が狭くなっているのとで一時的に収まっている。もし口に入れても、「オフ」の命令と、スクールで習った「口開け」とで、出すこともできるようになった。ただしSHUNちゃんのように命令に従って自ら出す、というところまでは行かない。

そこで、SHUNちゃんの飼い主であるKatoyanさんから教わった、食事中の「オフ」を実践することに。
①大根だけを入れて、「オフ」と言う。Allieは口に入っている大根はあわてて飲み込もうとするが、お茶碗の大根は食べずに待つ。
②「よし」と言ってお茶碗の大根を食べさせる。
③途中で「オフ」と言って、口の中に手を入れて取り出そうとすると、抵抗しない。
④取り出した食べかけの大根に、いつものフードを足してやり、「よし」と言う。
⑤途中で再度「オフ」。Allieは食べるのを中断。

e0009283_922189.jpg


Allieは「オフ」を「止めろ」の合図と理解しているようだ。それでもいい。
by babeha | 2006-08-16 09:10 | しつけ

あー怖かった

夕方公園へ散歩に出かけた。いつも会うわんちゃんたちはいなかった(最近みんな遅くなっている。暑さのせいで)。

三匹のトイプードルがノーリードで前を歩いていたが、Allieを見るとワンワン吠えながら脅しに来た。飼い主(女性)が何とか呼び戻したが、数歩進むとまたしても。外では驚くほど臆病なAllieは怯える。私は大声で「こら、ダメ、ダメ!」と叫び、Allieを抱きかかえた。もし襲い掛かってきたら、蹴っ飛ばしてやるつもりだった。

「リードを着けてくださいよ!」ときっぱり言うと、「先に言ってください」というだけ。大分前に進んでからまた吠える声が聞こえてきた。「うーん、これはブログに載せなければ」と遠くから写真を撮ると、「とるな!」と怒号。怖かった~。急いでその場を離れた。

ちびっ子ギャング。遠くから一瞬のうちに撮ったので、ピンボケは仕方がない。
e0009283_19191838.jpg


ノーリードで、しかも3匹、全然躾けのできていない犬を公共の場で散歩させるなんて!
躾をする気がないのに、3匹も飼うその神経は何なんだ?

「犬一揆」で先生がおっしゃっていた、「うちの子は大丈夫だから」という飼い主の一人だろう。「たとえ事故が起こっても、処分されるのは犬だけだから、平気でまた犬を飼う」という飼い主を減らすため、愛犬家は何ができるか?という講演であったが、先生、怖くて注意なんかできません。
by babeha | 2006-07-01 19:27 | しつけ

おやつ禁止令

褒めて育てる、が私の行っているドッグスクールの鉄則だ。

「伏せ」がすぐにはできないAllieについて
私: おやつの時はすぐするんですけど...
先生:おやつで釣らないほうがいいですけどね。「伏せ」ができたら褒めてやってください。

はっきり言って貰わないと分からない私は、
「おやつで教えるのは止めた方がいいですか?」
先生、「そうですね」

だから今日からAllieはおやつを貰えないこととなった。物質的満足感ではなく、褒められる喜びという、精神的満足感のみで生きて行くのよ、Allieちゃん。

「せいしんてき・まんぞくかん・ってなぁに?はやくおやつちょうだいよ」
e0009283_21543587.jpg

by babeha | 2005-11-21 18:35 | しつけ

アイコンタクト

夜の公園でアイコンタクトの練習をしてみた。

まず、「座れ」「待て」の命令。次にAllieの正面に立ち、徐々に離れて立ち止まる。そこからAllieと目が合えば近づく。Allieが視線をそらせば止まる。お互い視線を合わせたまま、私はゆっくりAllieの脇にたち、「よし、よし」と褒めてやって終了。

の筈だった。ところがAllieは全然私を見ない。ジョギングしている人、散歩中のよそのわんこ、外の道路を走るオートバイの音。それらばかりをきょろきょろ見て、私の方にちっとも視線を送って来ない。

ああ、寒いわ、今夜は特別冷えるみたい、これだったらマフラーをしてくればよかったわ、散歩している人が変な目で見てるじゃないの、何してるのよ、もう5分もこんなところに立ったままでいるのに...これが朝だったら遅刻しちゃうじゃないの...

そういうわけで、初日から失敗。

マンションの入り口のドアの前は成功率が高い。「待て」「座れ」。よしよし、上手く行きそう。またしても歩道を歩く人の足音、走行する車の音。Allieはそっちが気になり、アイコンタクトどころか、私にお尻を向けたまま、入り口とは反対の道路の方ばかり見る。

これって、予想以上に難しい。

例えばご飯を目の前に置いた時、
アイコンタクトなしでは「よし」と言ってはいけないのだ。
e0009283_21102463.jpg

by babeha | 2005-11-20 21:16 | しつけ

正しい仰向け訓練

仰向け訓練をするとき、右手の親指と人差し指を首に回して、嫌がるとそれでぐっと首をしめていた。それでもなかなか上手くいかなかったので、schoolのとき先生に相談した。

 「仰向け訓練のとき首を絞めたらキューキュー鳴いて暴れて、なんだか絞め殺してしまいそうで怖くて、上手く行かないんです」
 「首を絞めるのではなく、親指と人差し指の爪をきつくたてるのです」

そりゃあそうでしょう。いくら親だといっても、犬が犬の首を絞めたりできるわけがない。親は口で首をくわえて、耳の下の辺りを噛む。人間は歯の代わりに爪をたてればいいのだ。

さっそく今夜試してみた。暴れるのは収まり、大人しくなった。お腹をなでているうちに目がトロンとしてきたので、眠るかな、と思ってなで続けたが、そこまで上手くは行かなかった。でも落ち着いて静かになり、されるがままになっていた。

噛み噛み攻撃も、人間に対しては少しは穏やかになったような気がする。ケージから出していたら四六時中噛みついて来ていたのが、一人遊びをしたり横になったりする時間が増えた。ゆっくりとではあるが、自分を抑えることができるようになってきているのだろうか。

          そんなことどうでもいいから、おやつちょうだい、の顔
e0009283_22464756.jpg
                
by babeha | 2005-10-03 22:50 | しつけ

しつけ、上手くいかない

全然。仰向け訓練が上手く行かない。
puppy schoolのときは上手く行き、その翌日は仰向けでなでなでしているうちに熟睡してしまい、しめしめ上手くいったわ、Allieちゃん可愛い可愛い、と思ったのに。それはただの一日の夢で終わった。

その後何回やっても嫌がり、首を絞めたらキュゥキュゥと鳴くので、ついつい心配になり止めてしまう。といってそれをしなければ身体をぶんぶん動かし、白目をむき出して私の手をがぶっと噛もうとする(実際に噛む)。力づくで押さえ込むことは無理ではないが、これでは訓練というより拷問だ。おしおきしているわけではないので、そこまでして…と思ってしまう。明日またschoolがあるので、先生に相談しよう。

なんにもしていないと、こんなに無邪気に見えるAllieなのに。
e0009283_072928.jpg

by babeha | 2005-10-02 00:09 | しつけ

噛み噛み攻撃被害者(2)

Allieの噛み噛み攻撃は止まるところを知らず、ついに熊さんは修復不可能なまでの深手を負った。いや、私の足をお見せできれば、第一の被害者は私、ということになろう。足の踵といわず、甲といわず、傷だらけだ。

悩んだ末行き着いたのがこのサイト

5ヶ月か6ヶ月になれば、おさまる、という諸先輩方のお言葉を信じて、その日までじっと辛抱しよう。

それにしても可哀そうな熊さん。
e0009283_153410.jpg

by babeha | 2005-10-01 01:54 | しつけ