<   2005年 12月 ( 19 )   > この月の画像一覧

1年の終わりの日に

昨日、Allieはまたしても朝食を残した。

これは全体の約1/3
e0009283_184807.jpg


食欲が落ちたのなら、ちょっと食事量を減らしてもいいかな、最近とみに太ったようだし。
昨夜、減らしてみた。そして今朝、散歩から帰ってご飯をやろうとしたその直前、吐いた。
Allieが吐くのはこれが2回目くらい珍しいことだ。ああ、年末なのに、病院へ行かなければならないだろうか、と考えながらオロオロして雑巾を持って来ようとするが、Allieは吐いたとたんに出したものをっぺろっと完食。あまりにも素早かったのでどんなものを出したのか見ることもできなかった。

散歩中は何も食べていないはずだから、考えられるのは家で食べていたボストン玉羊歯だ。違う部屋に移していたが、昨晩その部屋にAllieを入れたのが悪かった。

その後なにもやらないでおこう、と思ったがAllieは欲しくてたまらない様子。少しやって様子を見るが、いつも通り元気。心配することはなかった。量は以前の2/3。

その後、家の大掃除をするも、Allieが邪魔をしてなかなか思い通りには進まない。特に床の雑巾がけは大変だ。右に左に動く雑巾を追っかけては噛み付く。「Off!」は一瞬だけ聞くが、雑巾が動くとまた元通り。こんなに夢中だし、ケージに入れず、フェイントをかけながら遊ばせることにした。こんな風にして、必要最小限の掃除を済ませる。Allieも飼い主もくたくた。その後しばらくは一緒にソファで昼寝。一日中一緒にいられる日はそんなに多くないんだから、休みの日は寝るとき以外はケージに入れない。

明日から新しい年。今年は、はな→Allieのバトンタッチで、混乱した年だった。来年はこのままで行きたいものだ。
by babeha | 2005-12-31 19:15 | Allie

6.6kg

生後210日で、Allieは6.6kgに。標準的体重といわれる7kgに順調にまっしぐら、嗚呼。公園友達の2歳のさくらちゃんより大きくなった。これまで飼ったMシュナのうちでは、ぶっちぎりのヘビー級。

生後47日目のAllie。手のひらサイズだった。
e0009283_1449763.jpg

今日のAllie。デカすぎて抱くのに一苦労。
e0009283_14472239.jpg

by babeha | 2005-12-27 14:59 | Allie

初ヒート中

昨日のドッグスクールは、Allieは自主休校。男の子が一杯いるので登校を見合わせた。
体調は回復し、相変わらずいたずらをするものの、それより、飼い主にべったりくっつく方が多い。

一番驚いたのは、ご飯を残したこと。ほんのわずかではあるが、今までこんなことはなかった。ただし、今朝一回だけで、その後は前の通り完食。

散歩に行っても、女の子グループだけに近づかせている。Allieの初ヒートのことから、「避妊すべきか」「産ませるべきか」が話題になる。考え方はそれぞれだから、何が一番かは、飼い主次第だ。単頭飼いだから、散歩中に気をつけてさえいれば、予定外のことは起こらないので、産ませるつもりはなくても避妊をしなければならないことはない。初代Mシュナが「子宮内膜症」で、かなり年を取ってから手術をし、その後体力がぐっと衰えて次々と病気になったことを思い出す。

クリスマスプレゼントに、袖付きのセーターを編んだが、袖の具合が嫌なのか、着せたら動かなくなってしまった。まるで拘束着だ。
e0009283_2145731.jpg

by babeha | 2005-12-26 22:00 | Allie

体の変化

今日はクリスマスイブ。キリスト教徒ではないけれど、クリスマスのイルミネーションは大好きだ。いつもなら、1ヶ月くらい前からクリスマスツリーに飾りをつけて、ピカピカ点滅する何色ものライトをつけて喜んでいるのだが、今年はAllieが齧るに決まっているので取りやめ。

インターネットでヒートのことを調べると、おっぱいが硬くなる、と書いてあったので、早速Allieの体を調べる。確かにそうみたい。

もう1つの変化は、とにかくおとなしい。走り回ることはなくなり、ボールを投げても大して反応しない。私に常にくっついていたいようで、邪魔になってしかたがない。体の変化を理解できず、持て余しているようだ。ほとんどの時間、飼い主の側で寝ている。

さらに、外の出来事に過剰反応をする。テレビの音にも来客に対しても。神経過敏になっているのも、不安からだろう。とにかくこれまでとはあまりにも違うAllieだ。

おっぱいの変化
e0009283_0284218.jpg

by babeha | 2005-12-24 00:33 | Allie

おめでとう(?)

Allieの体が(頭の中身は別として)大人になったので、お赤飯代わりに、お赤飯色のセーターをプレゼント。着せてみせると、慣れていないせいか、体が固まったが、そのうち徐々に慣れるでしょう。

e0009283_857198.jpg

by babeha | 2005-12-23 08:57 | Allie

初ヒートかも

Allieはただいま生後200日ちょっと。最近いやに暴れ方が減ったと思っていたら(関係があるのかどうか分からないが)、どうもヒートが来たような…

今日は珍しく朝から雪。吹雪といっていい天候だった。昼からは止み、日差しも結構あったので、公園の雪も夕方にはほとんどとけてしまっていた。それでもAllieには生まれて初めての雪だったので、是非体感させたくて、公園に行った。

普段より早めの散歩で、久しぶりにMシュナの男の子の「ととちゃん」に会った。ととちゃんは、Allieのお尻から顔を離さず、追い掛け回す。少し離れると大声で切なそうに鳴く。そんなにAllieのこと、好きなんだ、と思いつつも、これではゆっくり散歩するのは無理だ、ということで早目に帰宅。足を拭いていると、何かがついている。泥でもついたのか、と思いきれいに洗った。最近のAllieは散歩後の口拭き・足拭きに全然抵抗せず、されるがままで、とっても楽になった。

そして数時間後、なんかおかしい。同じところがまた汚れている。「もしや」と思ってよくよくその辺りを見ると、どうも出血しているようだ。そうか、ヒートなのか、だからととちゃんもあんなにしつこく追いかけていたのか、と納得。でも実ははっきりとは分からないので、様子を見てみよう。

もしヒートなら、これからは散歩は誰もいないときにしなければ。ドッグスクールもしばらくはお休みだ。どれくらい続くのかしら...

初めての雪だけど、なんの感慨もないみたい
e0009283_19303699.jpg

by babeha | 2005-12-22 19:33 | Allie

あきらめないで

昨日のドッグスクールに、シーズーの仔犬が来ていた。社会化が出来ていなくて、命令に従わず、噛み付く、ということで、先生が付きっ切りのマンツーマン授業。先生によれば、あまりにも幼いときに親や兄弟姉妹から離され、社会化ができていないから、ということだった。

初代のMシュナは人も犬も嫌い、というタイプだった。初めての人には絶対近寄らず、人が寄ってくると唸っていた。特に男の人はだめだった。では幼すぎる時期に親から離されたのかというと、そうではなかった。両親犬の元を離れたのは兄弟姉妹のうちで一番最後だった。

その次のは、人は大丈夫だったが犬は苦手だった。よそのわんちゃんになにか嫌なことをされた経験は全然なく、みんな「やあ、やあ」といった感じで近づいて来るのに、うちのは嫌がって離れようとしていた。わんちゃん達が集まっているところには、絶対に近づこうとしなかった。このシュナは、かなり早い時期に親犬から離されていた。

三代目になるAllieは人も犬も選ばず、誰にでも寄っていく。だからといって一緒に遊びまわるわけではなく、臭いを嗅がれたり、舐められたりすると体を固くしてじっとしている。とても楽しんでいるようには見えない。それでも遠くにわんちゃんを見ると必ず走って側に行きたがり、近づくと低姿勢で這うように寄っていく。

上記のシーズーちゃんは、訓練すればちゃんと治るそうだ。それ自身の個性、社会化の環境、しつけなどの要因が絡まりあって性格が形成されるのだろう。Allieも初めはあんなに嫌がっていた「仰向き」も、今では何の問題も無く抱かれて、お腹をなでられても平気だ。散歩の後の口拭き足拭きも抵抗しなくなった。シーズーちゃんもあきらめずに訓練を受けていれば、きっと人によくなつく、いいパートナーとなることだろう。

レディにあるまじきポースですが、ま、のびのびと育っている、ということで
e0009283_22585588.jpg

by babeha | 2005-12-19 22:55 | Allie

Dog School Report(11) 寒かった!

今日は天気予報では雪の予定だったのに、朝起きると快晴。学校はもちろん有り。いつもそんなに寒くはないところなので、手袋が無い。探しても右手片方ずつが2つ出てきただけ。仕方がないので、軍手を持って行く。

いつもの大木の周囲では影があって寒いので、今日はよく陽の当たる原っぱでやる。前半は年少組で、「歩行」と「待て」の練習。後半は全員で同様の練習。

特に面白かったのは、飼い主が「待て」をかけて横にいるとき、違う人が来て、「おいで!」と呼んでも動かない、という練習。初めは素直にその人の方に行こうとする。それをリードを引いて止める。何回か繰り返すと、「おいで!」と言われても、くっ、と体を動かそうとしつつも、自分の意志でそれを止めるようになる。ほんとにけなげで、可愛い。「賢いな~ぁ」と褒めずにはいられない。

今日の先生のコメント。「リーダーウォークの時の合図が上手くなってきています。(初めてお褒めの言葉。感激!)Allieもしっかりついて行こうという姿勢が見えますので、しっかり褒めて自信をつけさせましょう。褒めるときの声のトーンが、一定になりがちで、伝わりにくいので、ひとつトーンを上げて、分かりやすい褒めをしてあげましょう。」

ま、その他のご注意もあったけど、この寒さの中、頑張った甲斐があったというものだ。最後の「ロング待て」もAllieは全然動かずに完璧にできた。今日はいい日だった。

こんなに凛々しくなって
e0009283_13265070.jpg

休憩中の先輩と一緒に、立派に「待て」をする表情にも厳しさが
e0009283_1227495.jpg

by babeha | 2005-12-18 12:28 | 学校

帰ってきました

三泊四日で、田舎に帰っていた。Allieにとっては、初めての飛行機。ケージに入れて預けると、きゃんきゃん鳴いていた。出口で受け取るときは、大騒ぎでケージが揺れるほどだった。

それでも、Mシュナは精神的に強いと言われている通り、実家に着くと旺盛な食欲。ほっとした。家では初めてドッグフード以外のものを盗み食いした。それはミカン。松山のハナちゃんはミカンが大好物らしいが、Allieも気に入ったみたいで、その後も何度も狙っていたが、失敗。

おもちゃの類を持って帰るのを忘れていたのは、飼い主の大失敗。近くのスーパーでガムを買った。たくさん入っているのに、びっくりするほど安くて、こちらとしては大喜びだったが、Allieはあんまり気に入らなかったようだ。少し噛んですぐやめた。こちらに帰って、いつものガムに飛びついた。やはり値段なりの違いがあるのだろうか?

さすがに疲れたのか、食後すぐベッドに
e0009283_1191072.jpg


ちなみに、帰省中に編んだ、惣ちゃんのセーター(材料費450円)
e0009283_21311859.jpg

by babeha | 2005-12-17 21:21 | Allie

旅行

e0009283_20581424.jpg

Allieは初めて飛行機に乗って、田舎に帰った。滞在中、胴長短足のジャックラッセルの惣ちゃんのために編んだセーターを試着。
by babeha | 2005-12-17 20:58