<   2006年 04月 ( 28 )   > この月の画像一覧

Dog School Report (21) シュナ・デー

今日は前半は「伏せ」や「座れ」、方向転換を、リードではなく、手や体で指示をする訓練。体に触れられて指示されることに慣らしておかないと、急にやると怖がって反抗したり、噛んだりする犬もいるからだ。

ほとんどの犬はリードでの指示に従うようになっているので、それが飼い主の手に変わっても問題なく上手にやっていた。足でも、押したり押さえたりして言うことを聞かせるのは大事なことです、と先生。とっさの時には確かにそうだろう。

両手で首を挟んで方向転換したり、背中や腹を押して座らせる、立たせる、伏せをさせる、という風に練習が続くが、「乱暴です、そんなに力をいれずに」と注意される。「手のひらで軽く」といわれるが、ついついギュウギュウと押してしまっている。

後半はハードル跳び。Allieはやる気まんまんで、順番待ちのときから、行きたくて行きたくて、体がじっとしていない。ドッグスクールの授業でAllieがやる気を出すのはこれだけ。

練習はさておき、今日はシュナ・デーだった。Mシュナが5匹、ジャイアントシュナが3匹。

まずは、公園友達の小豆ちゃんが初お目見え。
e0009283_13352557.jpg

次に、いつもの紋ちゃんと新入生の空ちゃん。(あと1匹は写真に入らなかった)
e0009283_13363894.jpg

tさん、総ちゃん、sさんの後ろに座って帰宅。
e0009283_13373377.jpg

by babeha | 2006-04-30 13:46 | 学校

好きなもの

Allieはソックスが大好き。人が履いていてもお構いなし。
e0009283_22325179.jpg

強引に引っ張って取っていく。
e0009283_2235186.jpg

by babeha | 2006-04-29 23:32 | Allie

またやった、あほなこと

Allieは高いところが好き。後のことを考える知恵はないから、ひとまず上がる。
e0009283_19153510.jpg


でも、降りられない
e0009283_19162542.jpg


「どうしよう…」
e0009283_1918348.jpg


「あーん、だれか、たすけてーーーぇ!」
e0009283_19194867.jpg

by babeha | 2006-04-27 19:22 | Allie

Allieの天敵

やったー!ついにAllieの弱点発見!
これで、今まで不可能だったヒゲのブラッシングまでできるようになった!

Allieの脚をブラッシングするには、グリーニーズが3個あればよかった。しかし、ヒゲの方はどんなに工夫しても無理だった。だから、長く伸びた毛はからまり放題で、あとは切るしかない、とあきらめていた。それが、今日は大人しくブラッシングさせた。

この偉業は、彼の存在なくしてはありえなかった。
そう、下の「ブル」君。体を押すと出る「ピニャ」という音が、なぜかAllieは大の苦手なのだ。

ブラッシングで暴れそうになると、横に置いた彼の体を軽く押す。すると効果覿面、Allieは手も足も出なくなり、されるがまま。

絶対にこれ以上は近寄れないAllie。いつもと違い、脚だけでなく、ヒゲもきれいになっているのが分かっていただけるだろうか。
e0009283_22471398.jpg

by babeha | 2006-04-26 22:53 | Allie

賢い犬

Allieは人間で言えばもうすぐ20歳。知的好奇心が芽生えてきたのか、飼い主が新聞を読み始めると、必ず「私も、私も」と寄って来る。新聞の上に乗って、顔をくっつけて読もうとするのは、近眼だから?

「Allie、何読んでるの?」
「かいしゃほうなんか、べんきょうしようかな」
e0009283_2232517.jpg

by babeha | 2006-04-25 22:35 | Allie

Dog School Report (20) 休憩中の話

家を出るときはパラパラ雨が降っていた。傘を取りに戻り、どうなるかな、と思っていたが、その後天気は回復した。行きは肌寒いくらいがちょうどだ。

今日はリーダーウォークとハードル跳び。
前半の歩行はよそ見をさせないことがポイント。そして突然の右回り、左回りの方向転換と、歩行スピードの変更。右回りではリードの持ち方を注意される。やっぱり以前のように、Allieを宙吊りにして方向転換している。先生の「右回り」「左回り」の指示の間隔が短いので、飼い主が混乱するのだ。いつものように「Allieは悪くない」といった趣旨のコメントが先生から。

今日は訓練よりも、休憩中の話が参考になった。

ワイヤーフォックスのローズちゃんのお母さん(ドッグカフェ経営者)との話。

まず、1歳を過ぎると性格が変わるとのこと。Allieはそろそろ11ヶ月。だんだん言うことを聞かなくなってきている。散歩に行く前の興奮が激しく、飛びついて催促する。このとき着ているものに噛み付く。太ももに噛み付かれて内出血したことも。服も破られそうだ。この興奮を鎮めなければならない。

玄関では興奮が絶頂に達して、ワンワンキャンキャンやかましいので、マンションの住民に迷惑じゃないか、と心配だ。これは壁を叩いて「天罰」を与えることにしている。Allieに対しては効果があるが、飼い主の手が痛くて、ヒリヒリする。

エレベーターの中では、なぜかおとなしい。だが、エレベーターを出て、マンションの出口までの短い間にまた興奮して吠える。吹き抜けになっているので、上まで聞こえるのではないかと、心配。ワンワン吠えるAllieの声と「ダメ、ダメ」とどなる飼い主の声で、マンション中の人が目を覚ましているかも知れない。(毎朝6時)。

そして、ローズママによれば、ここが勝負どころらしい。絶対に思い通りにさせてはいけないので、興奮して吠えたら、おしおきとして、一度部屋に戻り、ケージに入れて散歩は後回しにする。

でも朝、部屋に戻って、改めて散歩、なんてしていたら、毎日仕事に遅刻してしまう。どうしよう?

ローズちゃんがしっかりお説教してくれているが、Allieに理解できるかどうか。
e0009283_12231436.jpg

by babeha | 2006-04-23 12:25 | 学校

できないこと

Allieは何かに飛び乗ることはできても、降りられない。
椅子に上がったのはいいものの、降りられなくなった。怒っているのか、困っているのか、
ものすごい形相になった。
e0009283_2042582.jpg

by babeha | 2006-04-21 20:43 | Allie

鑑札ゲット

今日は公園で狂犬病の予防注射の日。仕事を早退して行ってきた。狂犬病って、日本には存在しないから、注射をしなくても大丈夫だと思う。しかし「鑑札」を貰わないとロクなところに犬連れで泊まることができないのだから、仕方が無い。

ま、パンフレットには、「様々な動物が海外から輸入され、その中には狂犬病の恐れもあるものも云々」とあるから、やっておくに越したことはないだろう。

獣医さんは2人来ており、そのうちの1人は顔見知りだったので、挨拶していると、もう1人が「抱いて下さい」と言う。Allieを抱いて、話をしていると、「抱いて下さい」と言った獣医さんがあっちの方へ行く。「えっ、終わったのですか?」「はい」

Allieが注射されるところを見逃した!「きゃん!」とか言えばよかったのに。

こんなのどかな様子
e0009283_1436429.jpg


お利巧さんだったAllieに新着のおもちゃをごほうびに
e0009283_14375922.jpg

なぜか舌なめずり
e0009283_14382476.jpg

by babeha | 2006-04-20 14:43 | Allie

しつけの復習

ドッグスクールで散々だったので、飼い主は猛省している。復習が肝心なのに、忙しさにかまけてほったらかしにしていた。

で、早速「伏せ」「待て」の復習を始める。

今日のAllieの「伏せ」
e0009283_1928449.jpg


飼い主を馬鹿にしているのか!それは「伏せ」ではなく、「休め」だ。

公園へ行くと、小豆ちゃんに会った。小豆ちゃんのママはAllieの教室へ行こうかどうか迷っている。Allieを見ていると、あんまり効率的なところだとは思えないのだろう。今日も地面に落ちているティッシュを咥えて放さず、「Off!」と言うと唸り声をあげる始末。「あらあら、Allieちゃん」と笑われてしまった。小豆ちゃんは拾ったものでも、「ダメ」というと放すそうだ。羨ましい。

今公園は落ちた桜のねばねばするガクで一杯。どの犬も身体中につけている。ブラッシング嫌いのAllieのこれを取るのは大変だ。
e0009283_19365514.jpg

by babeha | 2006-04-18 19:39 | Allie

Dog School Report (19) 「待て」の徹底

三週間振りのスクール。やっぱりAllieは怠け者になっていた。

まず「待て」が続かない。少し離れると、すぐ飼い主のところに戻ろうとする。そんなときは強く強くリードを引き叱る。元来気が優しくて強くは叱れない飼い主に、先生から「もっと強く!」と声が掛かる。指示に従わないときには、その場で徹底的に叱って矯正しなければならない。

これを繰り返すと、「おいで!」と言っても「いいのかな?」というふうに、そろそろと動いて、走ってこない。これはこれで、ダメだと言われる。

「待て」のときはいつまでもじっと待つ。「おいで」と言われたらすっ飛んで来る。Allieはどっちか片方しかできない。三週間のブランクは大きかった。

授業のあとのコメント:リードの合図が以前より少し弱くなっていました。そのため、Allieの気持ちにゆるみが出てきて、よそ見の回数が後半増えていました。強い合図があってこそ、気が引き締まり、必死の姿勢が出て、飼い主の「褒め」が効くので、毎回同じ強さの気持ちで行きましょう。

こんなにちっこいのと、でっかいのが一緒にいる
e0009283_12381025.jpg


ただし、訓練は大型犬は大型犬だけで
e0009283_12395427.jpg


放課後のAllie。きょうは注意ばかりされて、いじけている
e0009283_1241441.jpg


夕方は、公園の桜見物。最近の花冷えのせいで、驚異的に長持ちしているが、そろそろ見納め。Allieも名残惜しそう。
e0009283_17244859.jpg

by babeha | 2006-04-16 12:43 | 学校