<   2006年 12月 ( 17 )   > この月の画像一覧

お気に入りの場所

年末の大掃除、と言っても普段と変わりない程度のものだが。
その間、Allieが避難しているのは、いつものお気に入りの場所。日が当たるところがいいのは分かるが、別の場所でもよさそうなのに、キッチンがお気に入り。つまらなさそうな顔で、掃除が終わろうが、何が起ころうが、じっとしている。おばあさんみたいだよ、Allie。

後から
e0009283_11473275.jpg
前からe0009283_11475374.jpg

by babeha | 2006-12-30 11:50 | Allie

お仕置き

ほんのちょっと目を離した隙に、Allieに朝食のパンを一切れ取られた。

「ダメ!」「オフ!」「来い!」「座れ!」と叫びながら追いかけるが、Allieの足にはかなわない。「落ち着け」と自分に言い聞かせ、(猫撫で声で)「Allieちゃ~ん」、(威厳を込めて)「Allie、来い!」と言っても、全然言うことを聞かない。

やっと、しらっとした顔で、「呼んだ~?」みたいな感じで近寄って来たときには、パンは全てAllieのお腹の中。コマンドをことごとく無視された飼い主は腹の虫がおさまらない。

こんなときは、お仕置きだ~!と思うが、やり方が分からない。食べている最中または直後ならまだしも、いつ食べ終わったかも分からない。自首してきたときには、口を動かしていなかったし、食後の舌なめもしていなかった。とっくに食べてしまっていたのだ。

ここでリードを引いてつんつんやっても、Allieはなぜやられているのか分からないだろう。お仕置きの効果があるかどうか、疑問だ。それに、ことが終わった後とはいえ、一応は自首して来たんだし…。

Man Meets Dogには、お仕置きの方法として、ぶつのは効果がない、と書いていた。痛みを与えることは、犬にはあまりインパクトがないのだそうだ。それよりは、首の後ろを持って振り回すのが主人であることアピールするにはいい、と書いてあった。

Allieをぶったことはない。首を持って振り回したこともない。ちょっと振ってみようか?どんな反応をするのだろう?

e0009283_20165567.jpg


まったくの無反応。抵抗するでもなく、嫌がるでもなく、声をあげるでもなく、な~んもなし。
by babeha | 2006-12-29 20:18 | Allie

iPod購入

この前の集まりの時、MさんがAllieのスライドショーをiPodで作って見せてくれた。それまでiPodというものは、音楽を聴くためだけのものだと思い込んでいたので、びっくり。これだと、いつでもどこでもAllieの写真を見られるし、スライドショーをテレビでも見られる。第一、パソコンに一杯溜まった写真を移しておける。最近、パソコンの動きがおかしくなっていたので、写真をCDに移動しているが、それだと、簡単には見られない。あー、時代は進んでいるんだ。こんなに便利なものがあるなんて、つい最近まで知らなかった。

e0009283_0222297.jpg


こうなると、次はマックのパソコンが欲しくなってきた。ムズムズしている。
by babeha | 2006-12-28 00:25

保守的なAllie

集まりがあったので、居間を少し模様替えした。真ん中を広くしてテーブルを追加した。トイレも隅に移動したが、Allieは元トイレのあった場所のカーペットの上におしっこをしたので、トイレトレーは元の場所に戻した。

その夜のうちにテーブルは撤去したのだが、同時に片付けておいたAllieのサークルと籐籠は飼い主の寝室においたままにしておいた。

その夜、ドアをカリカリするので、一晩くらいはいいか、とAllieを寝室に入れた。以前そうしていたように、飼い主のベッドに乗って寝るんだろうと思っていた。しかし朝になるとAllieの姿が見えない。「部屋に入れたのは夢だったのか」と思い、居間を見てもいない。

名前を呼んでも現れない。信じられない気持ちで寝室を探すと、部屋の隅に置いていた籐籠の中で熟睡していた。

真ん中が広くなった居間は、Allieの運動場にしてやろうと、しばらくはそのままにしておくつもりだった。ところがAllieが落ち着かない。普段は入室禁止の飼い主の部屋のカーペットを敷いているせいなのか?
e0009283_14452914.jpg


結局カーペットもサークルも籐籠も元通りに。Allieはその夜、落ち着いて籠の中で寝た。
e0009283_14455760.jpg


トイレの位置、自分のサークルと籐籠、カーペット、全て元に戻してやっと安心できた
Allie。犬の性格によっては、家具の配置も考えなければならない、ということは聞いていた(プライベートレッスンを受ければ、その辺のことも教えてもらえるそうだ)。それでも、この程度の変更がAllieの行動に影響するなんて。
by babeha | 2006-12-26 10:09 | Allie

Dog School Report (46) 集中力

クリスマスイブの今日、今年の最終訓練の日。あずきはトナカイ姿で現れる。
e0009283_2375552.jpg

今日のメニューは主に歩行による集中力の養成。この集中力は犬だけではなく、飼い主側の集中力も指す。

まず、かなりゆっくりした歩行に犬を合わせる。年を取ったり、足を悪くしたときを想定して、できる限りゆっくり歩く。それから急にスピードを上げて速足での歩行に移行。犬は飼い主のスピードに合わせなければならない。

初めのうちは戸惑っていた犬も、するべきことが分かると、リードの引きがなくてもこちらのスピードに合わせるのは見事だ。

次に「待て」をかけて、ゆっくり犬の周りを歩く。飼い主が犬に対して上位にあることを教えるためには、常に「堂々とした態度を取ること」と先生から注意が入る。ゆったりと背中を真っ直ぐにして歩く。

休憩後、再び緩急をつけた歩行になるが、先生の「ゆっくり」「止まれ」「速く」の指示が続けさまに出る。ほとんどの犬が飼い主のスピードに合わせて動いたり、止まったりする様は信じられないほど統制が取れている。仲間やAllieのことが誇らしく思えるほどだ。


夕方は犬好き、猫好きが集まってペット談義。Allieのスライドショーを作ってもらっていたので、30分強のそれを見ながら訓練のこと、フードの話、犬と猫の違い等々会話は弾む。

「犬の知性」の著者による『従順度と仕事度の知性ランキング』によれば、Mシュナは12位。ペンブローク・ウェルッシュ・コーギーの次、イングリッシュ・スプリンガー・スパニエルの1つ上だ。1位はボーダー・コリー、最下位の79位はアフガン・ハウンド。パピヨンの8位に異議が出たり、ボルゾイの75位、チャウチャウの76位に納得したり。

出席者の面々。チャップリンに似た人の参加が目に付く。
e0009283_23152543.jpg
e0009283_23562979.jpg

e0009283_235213100.jpg

by babeha | 2006-12-24 23:58 | 学校

ビスの訓練

今日は午後にビスの訓練があると聞いていたので、早めに仕事を切り上げて公園へ行った。ビスはまだ来ていなかったので、Allieを椅子に乗せて写真を撮ろうとしたら、安定の悪いAllieはシャッターを押す直前に落っこちた。どうせならシャッターを押すまで待っていてくれれば、決定的瞬間を撮れたのに。

椅子に乗せるのはあきらめて、さあどこで写真を撮ろうか?とうろうろしているうちにビス登場。Allieは先生に会って、例によって低姿勢で近づく。

訓練の邪魔になってはいけないので、少し離れたところから見学する。ビスはさすがに1回だけの訓練だけで完成とはいかない。奇跡は1週間しか続かなかったようだ。今日はお父さんも駆けつけて、お母さんの後ろを歩いていた。

e0009283_19122210.jpg
e0009283_19124734.jpg


小学校の低学年の女の子がゴールデンレトリーバーを自転車に乗って走らせているのに出会った時にビスは吠えてしまったが、Allieもつられて情けない声で吠える。リードを引いて「だめ!」と言うが、鳴き止まない。先生が来て、「斜め上に両手で」とアドバイス。ただでレッスンをしてもらって、ラッキー!

公園を歩いているうちに、ビスの天敵の和犬が来たが、ビスは今回は吠えない。えらいぞ、ビス!先生の声は聞こえないが、飼い主さんに褒めることを奨励しているようだ。

そのうちはじめちゃんがやって来て、二人の飼い主はしきりにビスを褒めた。ビスの飼い主さんのリードの引き方は、はじめやAllieを引くのとは違う。飼い主さんの体力と犬の体力を考えてのことか?ビスの体を半回転させるようにして引いていた

あさってはまたドッグスクールの日だ。編み物ばっかりしていないで、ちょっとは復習をして行かなければ。
by babeha | 2006-12-22 19:29 | お友達

編み物孤児

ゴルフウィドウという言葉があるが、それに倣えば、Allieはさしずめ編み物孤児だ。飼い主が犬用だけでなく、人間用の注文まで受けたものだから、養育を放棄されている。一人で遊ぶしかない。今は熊さんだけが心の友らしい。
e0009283_22141988.jpg
e0009283_22143513.jpg


人間用はどうしても時間が掛かるから、完成が遅い。飽きてくる。だいたい、犬とお揃いものを着るって、照れくさくないだろうか?そうでもないか?嬉しいかも。

その人間用はなんとか形ができたので、次の注文の犬用セーターに移った。ところが大変、後身頃を編み終わったところで、毛糸が切れた。残り毛糸を使って編んでいるので、数量に限りがある。仕方がないので袖と前身頃は色を変えなければならない。そうなると気が乗らない。アラン編みはどうしても毛糸が余計に要る。そのことをうっかり忘れていた。
e0009283_22273377.jpg

by babeha | 2006-12-21 22:33 | Allie

独立独歩

帰宅後はAllieをサークルから出してやるのだが、あんまり遊んでやる時間はない。なにしろ、せっせと編み物をしなければならない。そんなとき、Allieは一人遊びをするか、寝るしかない。編み物をする飼い主のなるべく近くで寝たいようだ。うーうー唸りながら、両手両足を使って、自分でベッドメイキングをして寝る。放任主義で育ち、色々なことを一人でできるようになった。

小さなクッションに体を合わせて爆睡中。
e0009283_22552345.jpg

by babeha | 2006-12-18 23:01 | Allie

Dog School Report (46) 小春日和

天気予報では、今日は雨が降り、気温もぐっと下がる、ということだった。その予報は完璧に狂い、風もなくぽかぽかと日差しの暖かい、絶好の練習日和。Allie用レインコートと人間用折り畳み傘、ロングのダウンコートに帽子、と準備をしていったのに、見事に裏切られた。

前半のメニューは基本訓練。歩行、右回転、左回転、停止および付け。先週ほどはひどくはなく、なんとなくこなす。どの犬も飼い主の速度に合わせて歩き、ちゃんと止まって左足の横にきれいに座る。見事なほどだ。全部の犬を褒めてやりたくなる。

休憩中は、Allieに拾った棒切れを投げて遊ばせる。今日ははじめ、あずきとあんまり遊ばない。
e0009283_12314273.jpg


後半は、ロングリードを付けての呼び戻し。20m以上離れて待たせておいて呼び戻すのだが、名前を呼ばれた犬だけが飼い主の元に駆けつけるはずが、つられて走り出す犬も出る。また、一斉に呼び戻しをしても、飼い主がわからず、他の犬と一緒になってよその飼い主のところに行ってしまったりもする。

20mという距離は、呼び戻すのには長すぎる。だから実際に放すときも(ロングリード装着が必須だが)、このことを心に留めておかなければならない。犬は混乱したり興奮したりで、必ず飼い主の元に戻ってくるとは限らないので、他の人のところに行くかもしれない。その時、犬の嫌いな人の側に勢いよく走って行くと、犬にはその気がなくても驚かせてしまい、相手は転んだりして思わぬ怪我をさせてしまうことも考えられる。

チョコ色のポッキーが呼ばれたのに、つられたティグが走ってしまったケース。走路にわざと伏せで待てをしているのはチャム。非常に賢い犬なので、他の犬が走っていてもつられて動くということはない。来月末にはママになる予定。
e0009283_12585671.jpg

全員が呼ばれて走る。ワイマラナーの筋肉の美しいこと。見ている者が全員うっとりしてしまった。
e0009283_12414989.jpg


走る姿は絵にならないが、まあ可愛いちびっこ組。
e0009283_12425268.jpg

e0009283_12432177.jpg


帰り道の銀杏。
e0009283_12452376.jpg

by babeha | 2006-12-17 12:47 | 学校

大仕事

この一週間で、なんと、なんと、これまでにないほどの夜なべ仕事をした。

セーターを3枚も編んだ。一週間で!
向かって左から、総用、Allie用、あずき用。
総のセーターは極太で、ただの縞模様だから、あっと言う間に出来上がった。
Allie用はずっと手が込んでいて、編みこみ模様のツリーにビーズの飾りを1つ1つ縫い付けた。これに「フェイクファー」風の毛糸の縁取りをしようかどうか、迷っているところ。
あずき用はリンゴの模様と名前を編み込んだもの。本当は「羊」の模様にしたかったのだが、上手く羊が描けないので、簡単なリンゴに変えた。
e0009283_21181151.jpg


毎晩、毎晩、睡眠時間を削って編んだ。面白いミステリーを読んでいるのと同じで、途中で止められない。どんどん形になっていくのにハマッてしまった。その前何週間か仕事が忙しかった反動か?編み物中毒ってあるの?まだまだ編みたくて、うずうずしている。それなのに、わが愛犬は迷惑そう。
by babeha | 2006-12-15 21:19