<   2008年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧

超低姿勢

久し振りに早く帰宅したので、明るいうちに散歩に出た。ビス君が訓練中。先生の姿を見なかったことにしたいAllieであったが、名前を呼ばれ無視することも出来ない。一目も二目も置いている先生だ。超低姿勢で近寄るが、後ろ足に本音が見えている。
e0009283_20203873.jpg


それでも更に呼ばれて、最大の努力で近づく。
e0009283_20234268.jpg

by babeha | 2008-02-29 20:25 | Allie

からかうのもほどほどに

Allieの欠点は数え切れない。それに引き換え、長所は1つだけ。それは「ご飯の時の待て」。ご飯をやって、1時間くらい飼い主が「よし!」と言うのを忘れても、ひたすら待つ。ご飯のためなら、どんな苦労も厭わない。

視線はただ一箇所のみ。考えることは一つだけ。耳が期待するのは「よし!」という一声。涎の池を作りながら、じっと待つ。いじらしいと言うべきか、いじましいと言うべきか。

じゃあその掛け声はどれほど正確に聞き取るのか、試したくなるのが人の常ではないか。


by babeha | 2008-02-25 19:37 | Allie

Dog School Report (86) さりげなく

うー、さむ~い!昨日の最高気温と比べるとー8℃という天気予報。公園にはうっすら積雪が。誰もいないから、Allieを放す。しみったれた積雪で、歩けばすぐ地面が見えてしまうのだが、Allieも飼い主もこの程度でも嬉しい。

e0009283_2340315.jpg


粉雪がチラチラする中を難波宮跡公園へ。今日の練習は大げさな身振りをしないでコマンドを出すこと。

大体、「付け」のときは左脚を叩いたり、「座れ」や「伏せ」の時または「アイコンタクト」の時など、飼い主が体を折り曲げて犬に近づこうとする。今日はそんなの無しで、直立したままさりげなく命令を出しましょう、と先生は無理難題を。



左脚に犬を付けさせてコーンの周りを回る練習。Allieの場合、左回りのときは比較的上手く行くのは、自分の右側にあるコーンが気持ち悪いので飼い主側に寄り、右回りの時はコーンから離れており、怖くないので左脚に付くのを忘れがちだ。


寒いので休憩時間中は、ちびっ子たちは押しくら饅頭状態。
e0009283_2237858.jpg


その後、真田山公園へ清掃ボランティアに。掃除をする、という使命感に燃えているので、寒さなんかへっちゃら、というのは嘘。ぶるぶる震えながらも、他の教室の仲間と会えるのが楽しみ。それにしても皆さん協力的。遠くから車でやって来る方々の多いこと。浜寺公園清掃には1回しか参加していないのが恥ずかしくなる。
e0009283_2238151.jpg

かなり汚い。真田山公園へ犬の散歩に行く方、すべての後始末は飼い主の義務ですよ。

帰りにあずきちゃんのお宅で「堂島ロール」というなかなか手に入りにくいロールケーキをごちそうになる。

玄関で足を拭いてもらうのを待っている2匹。行儀よく座っているあずきちゃん。態度のでかいAllieに、飼い主冷や汗。
e0009283_2246334.jpg

by babeha | 2008-02-24 22:48 | 学校

可愛くなって

さっぱりしたAllie。随分短くカットされたものだ。

照れくさいのか、まともな顔をしない。


e0009283_23385640.jpg

e0009283_23403746.jpg


でも最後はこんな顔で。
e0009283_23415513.jpg

by babeha | 2008-02-23 17:30 | Allie

明日に備えて

明日は(正確に言うと今日だが)、Allieの散髪の日。トリミングに出すときはいつも気をつかう。

普段は一悶着も二悶着もあるので、それがめんどうで滅多にブラッシングはしない。その気配を感じただけでAllieはそそくさと籠に入って文字通り「篭城」する。
e0009283_111148.jpg


それでも今日はそうはいかない。明日に備えてブラッシングをして毛玉を取っておかないと。飼い主のずぼら加減がトリマーさんに知られるのがちょっと恥ずかしい。

もこもこながら、それなりに身なりの整ったAllieだ。取れた毛は野球のボールくらいあった。写真に撮っておこうと思ったが、ちょっと目を離したらなくなっていた。きっとAllieのお腹の中だ。
e0009283_121396.jpg

by babeha | 2008-02-23 01:23 | Allie

Dog School Report (85) 先取りしないで

寒風吹きすさぶ中、真面目な我々は難波宮跡公園に集まる。

練習はいつもの基礎訓練から、個々の犬への命令とその指示の徹底。他の犬に命じられたことを勝手にやってはならない。指示されたことを守り、気の散るようなことがあっても我慢する。

まず歩きながら突然止まったり、前、後ろ、横にスライドしての「付け」。右足を前に出して止まったときは、後ろにある左足の横で犬は止まらなければならない。行き過ぎたときには後ろに下がる。

この練習をしていると、行き過ぎても自分の判断でAllieは後ろに戻るようになり、それを見ている飼い主はその健気さ、従順さに涙がこぼれそうになる。こんなに立派になって、Allieいい子だね、と口には出さずじっと見つめる。

先生の合図に従ってやるのだが、そのうちAllieは先読みを始め、先生が「ハイ次」と言うと「止まれ」という言葉が出る前に止まったり。先生からは、「Allieはワンテンポ遅れて指示を出して下さい」と言われる。飼い主の指示ではなく先生の言葉を聞けばいいのだ、と分かっているから。



先日テレビでどうしようもないワイマラナーの躾をやっていたが、こちらのディグはこんなに賢い。


ランチが終わる頃は小雪がちらつき、Allieは震えて待つので早目に切り上げて帰る。飼い主の姿を見て、普段は無口なあずきちゃんまでが鳴き声をあげた。
e0009283_19272195.jpg

by babeha | 2008-02-17 19:28 | 学校

Dog School Report (84) AllieとAllieままの幸せな一日

昨日の雪が残った難波宮跡公園。北海道のドッグスクールはいつでもこうだろうなあ、と思いながらの練習。
e0009283_0192623.jpg
e0009283_0201661.jpg


今後も雪の日はあるだろうから、少々勝手が違ってもいつも通りの練習をしましょう、と先生からの指示。付け、止まれ、座れ、伏せの基本練習。

雪の上では座ったり伏せたりが辛いのか、調子が悪い。あずきちゃんは「伏せ」を断固拒否、絶対にやらない。


夕方は至福のとき。The Policeのコンサートに京セラドーム大阪へ。あっ、その前に叫びすぎて喉が渇いてはいけないので、ペットボトルのお茶を買う。
会場に着いたのは開演30分前。もう人で一杯。
e0009283_0255597.jpg


ステージは遠く、いつもの眼鏡ではろくに見えないから、久し振りにコンタクトレンズをして、友達の双眼鏡を借り、伊衛門は座席の右、カメラはポケットと、準備は万端、さあ、いつでも来い!

Message in a Bottleで始まったコンサート。音楽に負けないほどの観客の歓迎の声。私も大声で吠える。うおぅ~うおぅ~うおぅ~!


2万5千人の手、5万本で手拍子をするようにとのStingの呼びかけに応える聴衆。一緒に歌うように誘われれば大声で加わる。'De Do Do Do, De Da Da Da'や'Can't Stand
Losing You'辺りまでは声を限りに歌ったが、'Roxanne'はもうダメ。声がかすれて出ない。日頃の鍛錬が足りなかったか、悔しい。

Stingは前にDVDで見たとおりで、ステージの左側に立って、その位置から一歩も動かず歌う姿は端正としかいいようがない。MCはなく次から次へと歌い続ける。

一番聞きたかった'Fragile'がなかったのは残念。アンコールは1曲だけだった。最後の声を絞って"Fragile!"と叫んだが、残りの2万4,999人が協力してくれなかったので、Stingの耳には届かなかった。全員で叫んでいたら多分歌ってくれただろうに。あの熱狂と興奮の中では、Fragileのようなしっとりした歌は無理か…。
by babeha | 2008-02-11 00:58

雪だ!雪だ!

天気予報が当たった。大阪では近年にない降雪で何センチか積もった。

残念ながら仕事で外出していたため、雪が降る中を散歩に連れ出すことができなかった。7時半ごろ帰宅したが、それでも公園には雪が残っていた。散歩をさせている酔狂な人は誰もいなかったので、本当に久し振りにAllieのリードを放してみた。

Allieは雪の上を歓声を上げながら走り回る。じっとしないのでなかなか写真が撮れない。雪の上を歩く飼い主もゾクゾクするほど興奮している。滅多に見られない雪景色、少々汚くなっていても平気、平気。足元でガシガシと鳴る雪が嬉しくてたまらない。

e0009283_2222593.jpg

e0009283_22224289.jpg

by babeha | 2008-02-09 22:23 | Allie

雪を期待して

日曜の夜中から早朝にかけて雪になるという予報だった。雪が降る景色なんて滅多に見られるものではないので、ドッグスクールが休みになることを見越して、起きて雪を待った。

確実に雪と呼べるものはなかなか降らず、雨の粒がちょっと凍ったようなものしか見えない。ほぼ徹夜で待っていたのに期待はずれだ。

早朝には鳥が雨宿りに来た。これは前にうちの巣で子育てをしたのと同じ種類。もしかしたらあの時巣立ったのが里帰りしたのかも。
e0009283_22414791.jpg


Allieは退屈している。
e0009283_22424648.jpg

by babeha | 2008-02-03 22:45 | Allie