<   2008年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

留守中の変化

Allieと約1週間振りに会って気がついた変化が3つ。もちろん預け先の先生が躾けてくれたものだ。

その1: 玄関での「待て」が完璧になった。大体はできるようになっていたが、預けている間に完成させてもらった。「玄関の待て、は完全にできるようになりましたよ」と言われていたが、これほどまで見事に躾けてもらえるとは!1ミリも動かない。

写真は「待て」をかけて10分後のAllie。この間、飼い主は歩きまわったり、紙やプラスチックの袋をガサゴソいわせていたのに(この音を聞くとおやつか何かと思っていつも興奮していた)、少しも反応せず、じっと待っていたようだ。こころなしか不満顔に見えるが、必死で待っているため、少々顔に力が入っているのかも。
e0009283_2114842.jpg


その2:ケージから出していても飼い主の体にくっついて来なくなった。少し離れたところに座り、こちらの様子を見ている。これは分離不安が解消されつつあるということなのだろうか?今までは常に飼い主の体のどこかに体を触れていたり、すぐそばで寝たりしていたのに、Allieの方から距離を置いている。留守中の躾の成果と見た。

「玄関での待て」は飼い主でも時間をかければ覚えさせることはできたかもしれない。しかし、ケージから出ても「来い!」と言われなければ離れている、という躾はどう考えても専門家にしかできないことだ。しかも離れていても視線は飼い主の方に向いている。

その3:おもちゃでの遊びが上手になった。これまではAllieはおもちゃの取り合いをすると、すぐにあきらめて放していた。だから取り合いっこができなかった。それが、頑張って取られまいとするようになった。この遊びができるようになれば首回りが太くなり、脚の筋力も付くそうだ。

折角つけてもらった習慣だから、これを忘れないよう飼い主としても努力して、続くように躾けていかなくては。
by babeha | 2008-10-29 21:21 | Allie

失敗作

金曜日の9:30頃に帰宅。普通に預けていたら、Allieが帰って来るのは翌日のはず。でも12:00頃に送ってきてもらった。夜中だというのに届けて下さったことに感謝。

それにしても便利な世の中になったものだ。旅行先に送られてきた写真とメールを自分のブログに投稿できるとは。写真もきれいに載せられる。携帯電話さえあれば、パソコンがなくてもほとんどの用が足せる。

Allieは留守中、比較的いい子にしていたそうだが、帰ると前とおんなじ。まあ、こんなものだろう。
e0009283_15405877.jpg


帰宅してすぐに取り掛かったのが編みかけのセーターの完成。この時期初めてのセーターなので、失敗する。大失敗するとそれは「はじめちゃん用」となる。小失敗は「あずきちゃん用」。これを繰り返して、Allie用は完成する。右は小失敗、左は大失敗。
e0009283_1544053.jpg


北海道に伊達に行っていたのではない。札幌の本屋で「犬のセーター」という本を見つけた。帰って来て早速編み始め(大失敗の「はじめちゃん用」ももちろんあり)、できたのがこれ。
e0009283_1547976.jpg

by babeha | 2008-10-26 15:49 | Allie

札幌も雨

e0009283_12513740.jpg

大阪は雨だそうで、Allieはレインコートを借りてお散歩のようだ。雨は全然いとわないAllieだが、レインコートは大嫌い。ちゃんと歩いたか心配だったが、するべきことはしたとのレポートをもらった。
こちら札幌もひどい雨。今夜は久し振りにAllieに会えると思うと我慢もできる。
それにしても暖かい札幌。大阪と変わらない。
by babeha | 2008-10-24 12:51

アリーレポート

e0009283_024129.jpg

e0009283_024131.jpg

e0009283_024119.jpg

今日来たアリーレポートはこんな調子。

「今日もアリーは快便です瀨 少しピーピーケージで鳴いて、叱られました・WESとの撮影は嫌そうでした。ご飯もバクバク食べ、クワエルことのできないボールにワオワオ言いながら戦いを挑み、今は寝ております。もうすぐ最後のオシッコに出かけます瀨」

毎晩これが来るのが楽しみで、昼間もこっそり見ている。
by babeha | 2008-10-23 00:24

ただ今留守番中

e0009283_2332122.jpg

e0009283_2332170.jpg

e0009283_2332130.jpg

飼い主が出張中なのでアリーは預けられている。とても居心地がいいようで、全くくつろいでいる。うちにはない階段を上るのが楽しいとのこと。うーん、階段は確かにないなあ。他のわんちゃんの訓練の見学にも参加させてもらったり。普段経験できないことだらけで、たっぷり楽しんでいるようだ。
by babeha | 2008-10-21 23:03

Dog School Report (104) 先手必勝

今日のレッスンは相手の機先を制すること。5頭並べて、一部の犬だけにコマンドを出して、その他の犬はただ「待つ」のみ。

例えば全員(今回は5頭)一列に並べて「待て」を指示する。2人または3人の飼い主が「来い!」と呼ぶ。残りの呼ばれていない犬はそのまま「待て」を続ける。

最初のうちは、隣の犬が動くと合わせて動いてしまう。あるいは自分の飼い主が呼んでいるのではないのに、名前を呼ばれた犬と一緒になって、その飼い主のところに駆けつける、といった失敗をする。また、自分が呼ばれていないのに気づくのが遅く、一歩前に出て、そこで踏みとどまったり。

それで、自分の犬が呼ばれていないのに動こうとするのを一瞬前に察知して、それを止める、という練習。してはいけないことを犬がする一瞬前にさせない、ということは、非常に微妙なタイミングと「読み」を要する。

他の犬に出された「来い」の指示に釣られないようにするには、出そうになった飼い犬に対して体で威圧してそれを止める。実際にこちらが一歩前に出て、動こうとする犬をけん制したり、体だけ前倒しにしつつじっと睨みつけて抑える。

要するに、犬が指示されていない動きをし始めるその一瞬前に阻止する。これを続けると「あれ、私の動きはバレバレなんだ。じゃあ叱られる前に止めておこうっと!」と犬が思うようになり、命令違反がなくなる。

実際、練習の終わりごろにはフライイングをする犬はいなくなった。たいしたものだ、感心する。

休憩時間中。まず「大・小・極小」で並ぶ。
e0009283_22183488.jpg

2頭曳きで遊んだりもする。休憩時間なので犬たちも楽しそうに歩く。「だるまさんがころんだ」も、訓練すればできそう。


これまでランチを楽しんでいたレストランが2軒も日曜休業に。初めてのお店でも、珍しがられ可愛がられ、犬たちも退屈しない。
e0009283_2232382.jpg

e0009283_22193127.jpg

by babeha | 2008-10-12 22:25 | 学校

シダの天敵

Allieは依存性が強いので、その矯正のため、用がない限りはケージに入れておくように言われている。それでもついつい忘れて放し飼い状態にしてしまうこともある。

今日も放っておいたら、こんな事態に。折角伸び始めていたシダがまたしても被害に。きれいに生え揃うことがない。Allieとシダ、共生は無理だ。
e0009283_2321234.jpg

by babeha | 2008-10-06 23:22 | Allie

「待て」の助っ人

外では「待て」ができるのだが、玄関ではすぐ動こうとする。散歩から帰って来て「待て」をさせておいても、いつの間にか居間の入り口に来ている。

ずっと見ていればじっとしているが、背中を向けるとすぐ立ち上がって動こうとする。ビデオを用意して、陰に隠れてそっと見てみた。


頼もしい助っ人を思いついた。ブル君がいると動かない。いや、動けない。
e0009283_1905641.jpg

by babeha | 2008-10-04 19:02 | Allie