<   2008年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

トリミングに出す前夜は

トリミングに出す前の夜は飼い主もAllieも大変。毛玉が多い、と言われないよう1時間以上かけてブラッシングだ。気持ちよく体を伸ばして寝ているAllieを起こす。
e0009283_19314862.jpg


ブラッシングの大嫌いなAllieだが、1週間ほど預けておいたときには、毎晩ブラッシングをしてもらっていたと聞きびっくり。「嫌がりませんでしたか?」「別に何もありませんでしたよ」と信じられない会話を交わした。

さて先日のこと。櫛とブラシを使ってのお手入れ。わっ!と思うほど毛が取れるし、毛玉も多い。だいたい毛玉のできやすい体質のようだ、と嘆きながらもそろそろと櫛を入れる。Allieは嫌そうな顔をするが、逃げることなく身をまかす。そもそもすぐ観念するタイプで、トリマーさんにも「今日もお利口さんでした」とのコメントをもらうくらい。あの大抵抗の図は昔の話。

前のシュナもブラッシングが嫌いで、とても素人の手には負えないほど抵抗したのでいつも毛玉だらけでトリマーさんの元へ。その頃は1毛玉につき50円という値段で、罰金の積りで払わざるをえなかった。今はそのような請求はされないが、普段から手入れ不足がばれるのが嫌で、とにかく散髪前には丁寧にブラッシングをする。

で、この通りさっぱりして帰って来た次第。
e0009283_19245729.jpg

by babeha | 2008-11-26 19:32 | Allie

Dog School Report (106) 恐怖心克服

今日の最初のメニューは正面に呼び戻す訓練。たいていの犬は呼び戻されるとすぐ左足に付くように訓練されているので、正面で止まる意識がない。

まず、犬を「待て」の状態で座らせ、飼い主は三歩離れて正面に立つ。足を広げて「来い!」と呼び、股の間に犬を呼び込む。ちゃんと足の間に来れば褒める、横に付こうとすると足で矯正。Allieくらいの大きさだと少々飼い主の脚が短くても十分股の下に入れられる。でもワイマラナーのディグだと体高が高いので、大変。

すれ違い訓練がその後のメニュー。2匹ずつ向かい合ってなるべく近くをすれ違うように歩く。愛想のいい犬は挨拶をしようとするが、それは禁止。

犬を怖がるAllieはというと、すれ違う相手はワイマラナーのワイ君。彼はAllieのことなどなんとも思わず歩き続ける。怖くてたまらないAllieはワイ君が近づくと前に進めない。いよいよすれ違う瞬間に飼い主の脚ししがみつく。本当に恥も外聞もない。これを振りほどきリードを引いて前に進む。

まず、何度も何度も辛抱強く付き合ってくれたワイ君に感謝。少しずつだけどもAllieも進歩した。しがみつきなし→脚の後ろに逃げ隠れなし→少しジタバタするけれど前進、といった具合。先生からは、立ち止まってもいいのでとにかく逃げないように、と声がかかる。

スピードを上げて歩くと大分ましになる。相手を変えてディグとやると、ジタバタがなくなった。すれ違いに慣れたのと(逃げられないと観念したのと)、ワイ君よりは付き合いの長いディグが相手だったのと、両方の理由からだと思う。この訓練を繰り返すと、そのうち何とかなりそうな気がして、希望が持てる。

休憩中も先生にリードを引かれて他の犬と交わるようにする。



最後の訓練は、上の二つを組み合わせたもの。隣同士くっついた上で、向かい合って並び、犬を呼び股の下に呼び込む。交差するときAllieは他の犬が恐いので大回りをして、それでも飼い主の股の下に入って来る。そのひたむきで健気な様子に感激。恐怖心を必死でこらえ、とにかく飼い主のコマンドには従わなければ、という気持ちがこちらに痛いほど伝わってくるからだ。

訓練が終了してから、家で出来る練習メニューを教わる。犬と離れて立ち、「座れ」「伏せ」の練習だ。離れる距離が飼い主との信頼の強さ。いくら離れてもコマンドに従うことができる犬は飼い主を信頼しており、リードを持っていないと言うことを聞かない犬は信頼感が薄い、ということになる。正直言ってAllieはリードと同じ距離だと言うことを聞くが、10歩くらい離れると反応が鈍くなる。信頼関係はまだまだということ。

帰りに今日訓練に参加できなかったはじめちゃんと合流して、ソラちゃんとともにランチ。飼い主の話がはずんでも、犬たちはおとなしくしているのが嬉しい。最低この程度のことはできる。
e0009283_14245011.jpg

by babeha | 2008-11-23 14:39 | 学校

紅葉狩り

一週間忙しくてAllieの相手を全然してやれなかった。今日はその罪滅ぼしに六甲山の紅葉狩りに連れて行った。赤が圧巻。ただし人が歩くところにはあまりないので、車窓から。
e0009283_1938777.jpg


ランチは六甲山頂近くのオーベルジュ・ド・コムシノワRokko。外で食べるつもりだったが凍え死にそうな寒さのため、人間だけレストランに入り、Allieはテラスで。こちらの姿が見えるので、おとなしい。
e0009283_1959839.jpg


サラダ、メインディッシュ(ポトフ)、デザートのシンプルなメニューだが、お腹いっぱいになる。特にサラダの量と質に感激。海の幸山の幸のサラダだが、レンコンやゴボウ、カボチャがおいしかった。デザートの栗のパイは注文があってから焼くので熱々の出来立て。アイスクリームとよく合う。
e0009283_19534776.jpg


Allieが外でぶるぶる震えだしたので、腹ごなしを兼ねてハイキング。
e0009283_19561295.jpg


帰りの景色を楽しまず、Allieは車の中ではぐっすり眠っていた。
e0009283_19571356.jpg

by babeha | 2008-11-22 20:10 | Allie

Dog School Report (105) ???

寒い。時々小雨。はじめちゃんがお休みなので、Allieは全然気が乗らない。

休憩時間中も全然楽しそうな顔をしない。
e0009283_21445516.jpg

「どうして、はじめちゃんがいないのよっ!ひとりじゃおもしろくない」
e0009283_21474030.jpg

仕方がないので、ボール投げで機嫌を取る。
e0009283_21452577.jpg


なんとかAllieの気を引こうと、「楽しいね、楽しいね!」と声を掛けて歩いたり、「下を見ないで!ほらほら、そうそういい子ねぇ」と言ったり。なんで飼い犬にこんなに気をつかいながら練習しなきゃいけないのかしら、とこちらも少々機嫌が悪くなる。でもそこは大人だから、人間だから、ぐっと我慢する。本心は、「やる気がないなら、もう帰ろう!」と言いたいところだった。

終了してから先生からのコメント:Allieに喋りかけてしまい、余計な学習もしやすくなるので、必要以上に言葉は掛けず、コマンドを与えて下さい。

これがグループ訓練の難しいところ。1匹1匹の状態に合わせての訓練ができないので、やる気のないAllieをその気にさせる、という個別メニューが組めない。プライベートレッスンだと、その日のAllieの状態、気分、に合わせて訓練ができるのだが。頑張らせようと声を掛けると、「訓練中しゃべりすぎ」との注意を受ける。こちらとしても、リードコントロールだけで動いてほしいところだが、叱咤激励しないと動かないのだ。やる気のないAllieをその気にさせるのも訓練だろうが、何もそこまでしてやる必要があるだろうか、という気もする。

じゃあプライベートレッスンばかり受ければいいのかと言うと、そうでもないと思っている。1匹だけでやっていると確かに集中力は比べものにならないくらい上がるが、他の犬との交流がない。ひたすら訓練に徹する。言ってみれば、教室での授業と家庭教師に勉強を見てもらうのとの違いみたいなもので、どちらにも長所、短所がある。

どちらの訓練を受けてもそう上達しないAllieを見ていると、ここら辺が限界かな、と落ち込む。何のために訓練をうけているのか、頭の中は???。スランプの時は焦らず、ちょっと練習を休んでみようか、と思ったりして。飼い主の思いはただひとつ。Allieが幸せであって欲しい。10年ちょっとの短い生涯を、できるだけ楽しく幸せに生きて欲しい。

楽しいことをさせようと、家でおもちゃの取り合いっこの遊びをしていると、こんなことになった。
e0009283_2254535.jpg


あーあ、何をやっても上手く行かない日ってあるものだ。天気も悪いし、ますます気が滅入る。
by babeha | 2008-11-10 22:22 | 学校

甘い生活

北海道へ行く時、スーツケースは半分しか詰まっていなかった。帰りは一杯。自分用のおかしのお土産で。

生キャラメルはかの有名な花畑牧場のものではなく、North Plain Farmのもの。瓶詰の生キャラメルのおいしこと!食べだしたら止められない。あと残りわずかだから、大切にちょっとずつ食べよう。
e0009283_22491612.jpg


ロイヅのチョコ、白い恋人、じゃがポックル、と一週間以上食べ続けたが、この甘い生活もあと一箱のみとなった。とうきびチョコ、大好き!
e0009283_22522458.jpg


大沼公園の写真も今見れば懐かしい。
e0009283_231482.jpg

e0009283_2381697.jpg

by babeha | 2008-11-05 23:08 | 飼い主

祝完成、恨みのさくらんぼセーター

念願かなって、スタバでブランチ。ここは2階が結婚式場&披露宴会場レストランとなっていて、今日は結婚式。全員の記念撮影が私達の目の前で行われて、こちらもついでに写真を撮らせてもらった。

まずは美容師さん。道具を全て体に着けるとこんな風になる。大工さんみたい。仕事の中身も似ているかも。
e0009283_20312133.jpg


全員集合写真は2階にカメラマンがいて。新郎新婦は私達の2mほど前に。カメラマンの「ハートを作って!」の声に合わせているところ。見ず知らずの人の結婚式だが、ついつい拍手してしまった。
e0009283_20325729.jpg


はじめちゃんとAllieは秋の新作の試着会。さくらんぼセーターの失敗続きに飽きて、ちょっと編み棒休めに編んだもの。やはり第一作は失敗で、はじめちゃんのものとなった。
e0009283_20334424.jpg


そして昨日から編み始めたさくらんぼセーター、やっと完成。超極小→極小→小→中→Allieサイズ、と失敗に失敗を重ねて出来上がったもの。小は、はじめちゃんに、中はあずきちゃんに引き取ってもらったが、超極小と極小は行き先がないまま、さくらんぼも付けてもらえず眠っている。
e0009283_20371410.jpg


1年ほどブランクがあると、Allieのサイズが掴めなくなっていた。去年のセーターを参考にして編んでいるつもりなのだが、仕上がりはいつも小さめ。Allieの体がこんなにがっしりしているとは、信じがたい。飼い主の目にはスレンダーに映っているのに、現実は違う。もしかしたら、飼い主自身の体も、本人の思い込みとはかけ離れているかも知れない。現実を突きつけられるのが怖くて、自分のセーターなんて編む気にならない。
by babeha | 2008-11-03 20:49 | Allie