<   2008年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

Dog School Report (109) 訓練納め

2008年度最後の訓練。まずは先週の続きで「呼び」。前回は視覚の記憶ですぐには飼い主の所に来られなかったAllieだが、なんと、なんと、今回は迷わず飼い主の声の方に直行!先生によれば、Allieは学習したとのこと。賢いなぁ~、Allie。


視覚だけでなく聴覚も使うのだ、と学習させれば、聴覚も発達するとのこと。普段はその必要がないので使わなかっただけ。この種の訓練を重ねれば嗅覚も使うようになると言われた。視力を失い、聴覚・嗅覚の発達した「じんちゃん」は今回も一直線に飼い主の所へ。

今日の参加者全員を紹介。体の小さい順に。
はじめ
e0009283_148475.jpg
約1か月のブランクがあり、はじめちゃんママは他のメンバーの上達ぶりにびっくり。それでも、歩行やアイコンタクトの訓練は身に付いているのでノープロブレム。


はな
e0009283_14134417.jpg
法円坂グループでは一番愛嬌のあるミニシュナ。前回の訓練では飼い主さんの声の方になかなか行けず、途中で出会った別人の所へ行こうと大分迷っていた。でも今日は飼い主さん一直線。最近の進歩の度合はめざましい。


Allie
e0009283_14152899.jpg
昨日トリミングをしたばかりなので、まつ毛の長さが目立つ。今日は終始お利口さん。


陣べえ
e0009283_14371947.jpg
視力がついになくなったものの、歩行やその他では全然そんな風には見えない。目が見えなくても訓練でかなりのことが可能になるのだと教えてくれている。その堂々たる態度はメンバーの尊敬を集めている。


そら
e0009283_14182584.jpg
グループ最年少なので、まだまだ遊びたくてたまらない。最近の進歩は目を見張るものがある。1か月前までは、上手くできなくてストレスが溜まると、思わずうんちをしてコマンドをストップさせるという行動を取っていた。でも最近はアイコンタクトも上手になりうんち作戦も不要になっている。


ディグ
e0009283_14273722.jpg
ワイマラナーの優美さを教えてくれた犬。走る姿や「待て」の姿勢は貴族的、でも他のわんちゃんと遊ぶ時はお笑い系の大阪犬。


ワイ
e0009283_143493.jpg
ディグより少し大きい。姿も性格もかなりディグに似ている。先週お母さんの引きが上手く入って、それ以後顔をハンドラーにぴたっとつけ、お手本のような歩き方をしていた。今日はお父さんがハンドラーで、かなりリラックスしていた。


こと
e0009283_14375640.jpg
これほどマイペースのわんちゃんは初めてだ。はなちゃんと同じ飼い主さんに飼われているとは信じられないほど2匹は両極端の性格を示す。遠くから呼ばれて、正しく飼い主さんの所に向かうが、飼い主さんを横目に見て(ええ、そこにいるのは分かったわよ)、自分の行きたい所に行く。どんなことがあっても動じない。


後半は歩行、正面への呼び戻し、遠隔の指示、という練習。
e0009283_14424294.jpg

陣ちゃんママも結構厳しく。


アイコンタクトのとき、リードを張らず緩めていてもコマンドは伝わるように、という例。まあそんなに難しい技ではないけど。正直3年もやっていれば、できて当たり前のこと。
e0009283_1445188.jpg

by babeha | 2008-12-28 15:00 | 学校

Dog School Report (108) Allieは視覚優先

一昨日のドッグスクールでのこと。マルチーズを見つけたAllieはすっ飛んで行った。初対面の「スオミ君」。犬は苦手のAllieがなんで?と思っていると、すぐに戻って来る。なんのことはない、はじめちゃんと間違ったのだ。Allieは視覚に頼る傾向があり、嗅覚の方はてんで駄目だ。

ボールをAllieにチラチラ見せながらあちこちに隠す振りをする。実際どこに置いたかは分からないようにしてからAllieを放して探させる。一応順を追ってボールを探すのだが、少し分かりにくいところに隠すと、すぐそばまで行っていても気がつかない。あんまり時間がかかると助けてやらなければならないくらいだ。

ドッグスクールでも同じような現象が見られた。1本の木の後ろから「Allie~」と呼ぶ。その後先生がAllieの目を塞いでいる間に別の木の後ろに隠れ、声だけ聞こえるようにして「Allie~」と呼ぶ。リードを放されたAllieは最初の木に突進する。そこに飼い主がいないとなると、その周辺を必死で探す。再び「Allie~!」と呼ぶとやっと気が付き2本目の木の後ろの飼い主のところに来る。

嗅覚も聴覚も全然大したことない。先生によれば、「最初に見た記憶に頼っている」とのこと。ワイマラナーのディグの場合は、2回目の呼びの後、その場を動かずじっと考え込んでいる。最初の記憶と今の声の方向に対してどちらを選ぶべきかじっくり考えているようだ。しばらくすると聴覚を優先して、2回目に聞こえた声の方に走って行った。

全盲のシュナの「じん君」の場合、2回目は先生が耳と鼻を押さえる。それを離すとじん君は迷わず飼い主さんのところに走る。その間に障害物があるかも知れないのにひたすら最短距離を進む彼の姿は感動的であった。きっと飼い主さんを信頼しきっているのだろう。

またしてもデジカメを忘れて行ったので写真を撮ることができなかったのが残念。それでもこの結果に対して先生は、どちらがいいということではなくそれぞれの犬の習性です、とおっしゃっていた。なかなか面白い出来事であった。
by babeha | 2008-12-23 21:05 | 学校

大根大好き!

昨日、大きな大きな京都産大根を頂いた。Allieも飼い主も大根大好き。
e0009283_19105327.jpg


こんなに新鮮な大根は久しぶり。あまりにも葉っぱがみずみずしいので、すぐ油炒めに。甘い!大根の葉っぱがこんなに甘いとは、知らなかった。いつもは葉っぱのついていない、ろくでもない大根しか食べていなかったということか。

下半分だけ食べて、上半分は水に漬けておいたが、なんとまあ生き生きとして美味しそうだこと。今夜はこれをベーコンと一緒に炒めて食べよう。本体はもちろんおでんだ。
e0009283_1919820.jpg


なにかを頂くのは大歓迎だが、Allieと一緒に食べられるものが一番嬉しい!
by babeha | 2008-12-17 19:43 | Allie

海を渡ったAllie

e0009283_20325170.jpg

e0009283_20325133.jpg

Allieは初めて海を渡り四国に。無事淡路島に着いた。目的地は高知。さすがに暖かい。日曜市も楽しみ、坂本さんにも会った。残念なのは飼い主がデジカメを忘れて来たので、携帯のカメラでしか写真が撮れない。
by babeha | 2008-12-14 20:32

dog School Report (107) 皆さん、Allieを可愛がらないで下さい

Allieはジャック・ラッセルのLucky君を見て走っていった。総ちゃんと間違ったのだ。スクールでは初めてのジャック・ラッセルだ。落ち着きのない子が多いのに、Lucky君はゆったりと構えている。ジャック・ラッセルはよく動く、という先入観があやしくなった。「ここだけですよ」とは飼い主さんの話。

近くまで行って総ちゃんじゃないと分かったAllieはまたしても「犬みしり」。最接近でここまでが限界。
e0009283_21261.jpg


先生によれば、飼い主さんに挨拶させないことがいいそうだ。飼い主さんと犬がいると、Allieは犬を素通りして飼い主さんに近づく。飼い主さんはよしよし、と体をかがめて撫ぜてくれる。Allieは嬉しいから次からもそれをする。これがいけないとのこと。

これからはAllieが近づいて行っても「挨拶しないで下さい、体を撫ぜないで下さい」とお願いしなければならない。Allieは大好きな飼い主さんの姿を見るといかにも甘えた声を出して近寄る。犬好きなら抵抗できない。それを「可愛がらないで下さい」とはちょっと難しい。でも公園で会う人達はAllieの「わんちゃん苦手」を知っているので、協力してもらえるだろう。
by babeha | 2008-12-08 21:12 | 学校

一足早い、素敵なクリスマスプレゼント

はじめちゃんとこから素敵なプレゼントを頂いた。
e0009283_20191512.jpg


中身は、2006-2008のドッグスクールでのAllieの写真集だ。
e0009283_2023890.jpg

e0009283_20315716.jpg


涙が出るほど感激した。なんだかんだとAllieを責めたりするけど、ドッグスクールではこんなに頑張っているんだ。よしよし、と撫ぜてやりたくなるほどひたむきな練習風景満載のアルバム。嬉しーい!
by babeha | 2008-12-05 20:32 | Allie

Allie, Allie, Allie

Allieには迷惑な話だが、今日までの秋の新作セーター。(さくらんぼは1回着ただけで1個取れている)
e0009283_195918.jpg


だんだん勘が戻ってきたので、もうあずきちゃんやはじめちゃんに貰ってもらうこともなくなった。そこで満を持してAllieの名前がこれでもか、というほど入ったセーターに取り掛かった。小さすぎる、大きすぎるからといって、他のわんちゃんにAllieの名前のいっぱい入ったセーターを着てもらうわけにはいかない。ここはひとつ慎重に。

Allieの名前が5つくらい入ったところで早くも後悔し始める。なにしろ時間が掛ってしょうがない。といって後戻りもできない。2度とこんな模様はやるまい、とぶつぶつ言いながらも頑張った。

なんとか出来上がったセーターは、シックなAllieを狙った配色が地味すぎる。
e0009283_2081926.jpg


よーし、と気合を入れ直して、配色を変えてもう1度挑戦!
e0009283_2095192.jpg


3枚目はなし。この2枚で1年分の根気を使い果たしたから。
by babeha | 2008-12-05 20:00 | Allie