<   2009年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

寒い、寒い、日曜日

先週の日曜日、ものすごく寒かった。集まった小型犬はどの子も震えていた。
e0009283_20453828.jpg


それで急遽防寒着を編む。総ちゃんが仮縫いに来ない間、退屈して顔を刺繍したりしても、まだ暇だったので。糸が太いので簡単に編めた。
e0009283_204814100.jpg

e0009283_20462758.jpg


今日の日曜日も寒い。公園では雪が時々降る状態。自慢の睫毛の上にも雪が積もる。
e0009283_204914100.jpg


実のところは、未だに犬にセーターを着せる必要があるのか、疑問だ。しかもAllieのように嫌がっている犬に。南極や北極ならまだしも、大阪で。Allieの場合、防寒というより、編んだから着せる。需要があるからではなく、供給があるから、ということで、飼い主の暇つぶしに付き合わされている。
by babeha | 2009-01-25 20:54 | Allie

Dog School Report (109) 練習始め'09

練習始めの日にふさわしい、今冬最低の気温の日。気合いを入れないと寒風に飛ばされそう。それでも快晴なのがありがたい。まぶしいほどの日差しで、寒さを忘れることができる。

今日のメニューは「変装しての呼び戻し」。視覚優先の犬は飼い主が変装しているとどうするか?へんてこな帽子、新品で飼い主の臭いの付いていないジャンパー、メガネ、といういでたちで飼い犬を呼ぶ。

まずは普通にAllieを呼ぶ。次に変装して(その間Allieは目隠しをされている)、声もなるべく変えて「Allie!」と呼ぶ。


これまでの練習で学習した(?)Allieはまっすぐ飼い主のところへ。視覚だけ使っていては駄目だ、ということを知ったのか?それとも、背の低いAllieは上の部分にはお構いなしに靴やジーンズの臭いに引き寄せられたのか?

Soraちゃんの場合。ちょっといじわるをして、じんちゃんの飼い主さんがSoraパパの上着を着て、Soraパパは例の新品ジャケットに怪しい帽子とメガネ姿。二人が同時に呼ぶと、Soraちゃんが正しく駆け寄る確率は?と聞かれ、Soraパパは「90%!」と答える。向って右がじんパパ、左がSoraパパ。


たいていの犬はまず視覚を使うことが分かる。嗅覚や聴覚も使わせるためには、それなりの訓練が必要なようだ。

最後に全員「伏せ」で練習始め記念撮影。Yちゃんは先に帰ってしまい、撮影には参加せず。
e0009283_1137194.jpg


P.S.
エキサイトブログが動画貼り付けを止めたので、ユーチューブでUPしなければならなくなった。ユーチューブで気に入らないのは、「世界中の人に公開」というところ。私としてはこのブログに来る人だけが見られればいい、と思うのだが、それは不可能となった。エキサイトから出て行くべきかどうか思案中。
by babeha | 2009-01-12 11:37 | 学校

恒例の伏見稲荷

三が日は駅伝ばっかり見てうだうだしていたので、伏見稲荷の頂上(標高220~230mくらい)まで登る自信がない。ちょっと足を鍛えようと大阪城公園へ行くと、なんとあずきちゃんにばったり。
e0009283_230596.jpg


一応初大阪城ということで。
e0009283_23292912.jpg


結局ろくな準備運動もせず、伏見稲荷へ向かうこととなった。天満宮でAllieを1時間抱きっぱなしでいたことが妙な自信になっている。

世間一般的には仕事始めの今日、人出は予想通り少ない。これならAllieを連れてきたらよかった、と悔やむ。
e0009283_23513100.jpg

裏側はこんな風。
e0009283_2365561.jpg


体が重たい、と感じながらもなんとか頂上まで登ることができて、嬉しい!帰りは例年通り「眼力」「脳天」「腰痛」の神様に、今年は以前にも増して丁寧にお願いする。脳天の神様の所では特にしつこくお願いする。「わたくしがボケませんように。Allieが賢くなりますように」。昔は冗談で寄っていたが、このところ問題は切実なものになりつつあるので、ずっと真剣だ。毎年お参りしていると、一回でも飛ばすと何かよろしからぬことが起こりそうで、不安になり落ち着かない。

最後は「銭洗い」。こんなものができていた。
e0009283_2383413.jpg


おみくじは「末吉」。『苦しみの多い兆である。心がけ次第で、末遂に吉に向かうと知るがよい』そうだ。伏見稲荷はサービス精神に欠ける神社で、平気で「凶」なんて出すところだから、「末吉」でよしとしなければいけない。「うせもの」でる、「たびだち」よし「病気」なおる。「勝負事」わるし。はいはい、分かりました。末に来る吉を信じて、それまではじっと耐える年とします。
by babeha | 2009-01-05 23:36

謹賀新年

昨日大晦日には鐘をつきに行き、お神酒を頂き年越し蕎麦まで無料でごちそうになった。(うちの町内会はすごい!)その後初詣に今年は「天満宮」へ行くことになったが、これがものすごい試練。

ラッシュ時の満員電車さながらの混雑で、肝心の本殿の前に行ってお賽銭をあげ、祈願をするまでに1時間も立ったまま。丑年だからといっても牛の歩みよりもまだ遅い進み具合。

びっしりの人だからAllieを下に置くわけにはいかず、ずっと抱いたまま。7キロもある犬を片手で抱いたまま立っているのはかなり辛い。あまりにもものすごい人ごみにAllieはびっくりして固まったままじっとしているのが幸いだった。途中で後ろの女の子が「あ、これ本物の犬や!睫毛ながいな~ぁ」と驚く。こちらはエネルギーの無駄遣いをする余裕がないので、反応せず無言。地震が来たときの訓練だ、と自分に言い聞かせ体力の限界に挑戦する決意。

天満宮の人がマイクで「〇△÷×▼~」とか言い、最後に「お神楽~ぁ!」と叫ぶ。これが約5分置き。ひたすら待つだけで退屈した参拝客はそのうち、「お神楽~ぁ!、言えよ!」と催促。「お神楽~ぁ!」が出ると、あちこちから「お神楽~ぁ!」「お神楽~ぁ!」と声を合わせる。さすが大阪人、こんな時でも楽しんでいる。

無事先頭にたどりつきお賽銭(100円)を投げ「家内安全!」と言って必死で外に出る。後で気が付いたのだが、学問の神様だから、Allieが賢くなりますように、飼い主の物忘れが治りますように、とか言うべきだったのだ。

今年は年の始めからこんなに苦労したのだから、①いい年になる、②苦労が続く、のどっちだろうか?兎にも角にも新しい年が始まった。

e0009283_0303325.jpg

by babeha | 2009-01-02 00:32 | Allie