2個目のケーキ

クリスマスに恒例のケーキを作ったものの、
e0009283_21291958.jpg

ホイップクリームが余ったので、2日後にポピンさんと2個目のケーキを作成。(材料はほとんど変わらない)
素晴らしい出来栄えをAllieにも見せてやる。
e0009283_21304671.jpg

食べさせる気は全然ない。
e0009283_2132453.jpg

見るだけで満足してね。
# by babeha | 2010-12-27 21:35 | Allie

新しい散歩先

中之島に散歩。と言っても、今日みたいな風の強い、日差しのない日にはとてもできないこと。最後に行ったのは、10日か2週間前のこと。風は強かったがまだ冬は遠いと思わせる日だったなあ。

バラ園ではAllieの耳が「ダンボ」みたいになって。
e0009283_1494016.jpg


中之島公会堂の前まで来ると、突然風が止んだ。
e0009283_1505957.jpg


川沿いのこのルートもなかなかのものだ。しかし大阪城公園も捨てがたかった。
e0009283_157176.jpg


こんな風に書くと、せっせと散歩に出かけているみたいだけど、実はこの日以来、遠出はなし。だって寒いんだもの。
# by babeha | 2010-12-16 01:59 | Allie

いつもカメラ目線で

久しぶりのブログ。「仕事が忙しかったので…」というのは理由にならないだろうが、事実。
今日は難波の宮跡では「四天王寺ワッソ」の日。韓国だけではなく、中華料理や広島焼きその他やらの屋台からいい匂いが流れてくる中での練習&公園清掃。これまでのご無沙汰分を一気に補う勢いで写真をupしておこう。(次の登場がいつになるやら分からないことだし)

難波の宮跡についた9時過ぎには、まだ人出はちらほら。小雨も降ってたことだし。
e0009283_2059493.jpg


練習後、清掃をしてお昼を食べた後、記念撮影。このころには周囲には屋台で買った昼食を取る人にぐるっと囲まれていたが、Allieのカメラ目線はびくともしない。

全員で正面から。それぞれが好きな方向を見ている時でも、Allieはしっかりカメラを睨みつける。
e0009283_2111493.jpg


縦に並んでも、カメラをから視線を外さない。
e0009283_2155950.jpg

横から撮っても。
e0009283_21744.jpg

その後、一斉に「伏せ」と言ったらどうなるか、と無理だろうと思いながらも試しにコマンドを出してみたら。
e0009283_2193784.jpg


どんなときにもカメラを見つめる癖はまだ健在。
# by babeha | 2010-11-07 21:13 | 学校

Korean town

昨日はじめちゃんP&Mに誘われてKorean townへ昼食に。お盆中で休みかも、と危惧していたが、普段通りの営業で、おいしいオックステールスープ定食(¥800)にありつけた。
e0009283_17232795.jpg

もう幸せいっぱい、というくらいの安さとボリュームとおいしさで、最後の一滴まで残さず食した。トイレに立っている間に店主が椀を下げに来て、「まあきれいさっぱり食べはりましたなぁ」と感心していたそうだ。それもそのはず、骨の一かけらも残っていなかったのだから。

骨までしゃぶったわけではない。それはAllieへのお土産。文字通りのドギーバッグに大小構わず全部の骨を頂戴していた。
e0009283_17305383.jpg


全部与えるとおなかを壊しそうだったので細めの骨を3本やると、Allieは周りだけを舐めて本体には取りかからない。面白くないな、と放っておくと、カリカリという音が聞こえてきた。
e0009283_17351833.jpg

体中に力を入れて数分間で完食。1度で2人おいしいオックステールスープであった。
# by babeha | 2010-08-16 17:37 | 飼い主

散歩の楽しみ

朝と夕方という慣れない長時間の散歩のせいで、足が痛い。それでもなんとか頑張って歩いていると、面白いものに出くわす。
たとえば朝、こんな風景を何回か見た。
朝と夕方という慣れない長時間の散歩のせいで、足が痛い。それでもなんとか頑張って歩いていると、面白いものに出くわす。
たとえば朝、こんな風景を何回か見た。
e0009283_17541130.jpg

また、フェレットを連れたおじさんにも会った。このフェレットを森の中に放して遊ばせるのだそうだ。よく慣れていて、名前を呼べば帰ってくるとのこと。
e0009283_17542590.jpg

夕方の散歩では、ネコの集会に出くわす。
e0009283_17544064.jpg

# by babeha | 2010-08-14 11:41 | Allie

感謝の日

今日の大阪の最高気温は34℃とのこと。百葉箱の温度計はそうであっても、街なかの気温はそんなものじゃないはず。その暑さのピークであろう11時~2時過ぎまで、近所を歩きまわった。暑さに弱い身の上ゆえ、こんな時間に外出するのは考えられないことだった。歩いたのは中之島界隈。正確に言えば、11時に自宅を出発し、12時前から1時過ぎまでは中之島にあるGarb Weeksというレストランのテラス席にいたのだが。噂には聞いていたが、行くのは初めて。どこにあるのか、詳しい場所も知らなかった。
e0009283_1913182.jpg

屋根のあるテラス席で、直射日光を避けることはできたのだが、それでも暑い。しかしこの堪らない暑さに開き直って、「負けるものか、さあ来い!」と気合を入れてがっちり受け止めることとする。強気に出ることができたのは、誘ってくれたあずきP&Mのお陰で、一人でいたら、とてもとてもそんな気にはなれないのだが・・・。

冷静になって状況を楽しむ気になれば、なんだかむか~し行った真夏のイタリアを思い出した。周囲の景色も和風なところは一つもないし。日本って、大阪ってこんなに変化しているんだ、と感心する。ただでヨーロッパ旅行をしているように思えなくもない。うん、なかなかいい。夏なんだから暑いのは当たり前、止まることを知らない汗だって、思うままに出してやろうじゃないか、なるようになれ、と豪気なものだ。

その後、中之島公会堂を過ぎて大阪市役所まで歩く。
e0009283_19374411.jpg

市役所横にはオアシスのようなミストが。こんなこと、大阪市民であれば誰でも知っていることかも知れないが、出不精の私は知らなかった。
e0009283_19403753.jpg

帰り道で寄ったお店。
e0009283_1945190.jpg

この店は自宅からすぐの場所にあったのに、知らなかった。自分の住んでいる町内のことをいかに知らないか思い知らされた。自宅から地下鉄の駅、デパート、大阪城くらいまでしか歩いていなかった。ここに住み始めて8年にもなろうとしているのに。引き籠りがちであったわが身を大いに反省。
これからは地図を片手に近辺探検に乗り出そう。面白いものを発見できそうだし、暑さにも負けない自信もついた。とにかく充実した気持ちにさせてくれたあずきちゃんとそのP&Mに感謝する一日だった。
# by babeha | 2010-08-01 20:06 | Allie

朝の散歩

ラジオ体操は土日休みの上、8月の第1週と2週はお休み。ラジオ体操なしで朝の大阪城散歩に行くことになる。ひとつの「縛り」がなくなると、その後のこともズルズルと怠けてしまいそうで、そうならないように自分に気合を入れる。その上、今日土曜日は帰りに寄るスターバックスの開店時間がいつもより1時間遅く、8時だ。ますます早起きの動機付けが弱くなり、一瞬今日は散歩を休んだら?との悪魔の囁きに頷きそうになる。いけない、いけない、そんなことをするとズルズルと朝寝をすることになる、そう自分に言い聞かせて6時半にマンションを出た。大阪城公園ではいつもより外側の道を選んで歩いて時間稼ぎをする。
途中で見た記念碑。
e0009283_21155873.jpg

何の思い出だろうかと思うと、裏にそれぞれの人の記念の理由を書いたものが刻んである。

スタート地点に戻っても、まだスタバの開店までには20分ほどある。仕方ない、もう半周でもしようかと思った時、あずきちゃんの姿が。サボらなくてよかった、久しぶりの邂逅だ。カメラのレンズが感激の涙を流したのか、それとも暑さで汗をかいたのか、こんな具合に。
e0009283_2121325.jpg

# by babeha | 2010-07-31 21:22 | Allie

ラジオ体操

またまたラジオ体操の時期がやって来た。去年は大阪城公園まで行っていたが、今年はズボラして、近くの公園で。それもやっと滑り込んで間に合って、今日が2日目。ちゃっかり「出席カード」まで貰って、首からぶら下げての参加。ここのカードはおおらかにも一週間分まとめてハンコを押してくれているので、少々遅刻しようが、休もうが気にしなくてもいい。しかし、ラジオ体操第一も第二も真面目に力一杯やっており、初日からすでに太ももの裏が痛くて、正直言って歩くのさえ苦痛だ。

e0009283_22221851.jpg


飼い主が体操している間、Allieは不思議そうに見ているだけ。
e0009283_22242988.jpg

# by babeha | 2010-07-23 22:32 | Allie

世界一の犬

『マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと』という映画をテレビで見た。 ラブラドールのマーリーという、躾がまるでできない超自然体の犬とその飼い主の抱腹絶倒話。

ソファを食いちぎったり、こぼしたドッグフードをあっと言う間に平らげたり、鳥でも見ようものなら飼い主のコントロールはゼロになってしまったり。 涙が出るほど笑ってしまうマーリーのしでかすイタズラの数々に、程度の差はあれ、「うん、うん、そうなのよね」とこれまでの自分の犬体験を重ねてしまう。

育児疲れでヒステリックになった妻がついにマーリーの無頼ぶりにキレて、「そのバカ犬、どっかへやって!」と叫ぶ。 夫はオロオロとしてなすすべもなく、友人に預けに行く。 一人で帰ってきた夫に、妻は「本気じゃなかったの・・・」という場面、当方も初代シュナのときにした苦労を思い出す。

家族の一員として人間に愛されながらも、マーリーに来るべき日がやってくる。 庭に埋葬した後、これまでさんざんマーリーに翻弄された夫がつぶやく。

犬は高級車も豪邸もブランド服も求めない
枝が一本あればそれで十分だ
あなたが金持ちでも貧乏でも 利口でも鈍くても犬は気にしない
愛すれば必ず応えてくれる


抑えきれない嗚咽をもらしながら振り向くと、うちの「世界一の犬」は平和に夢の中だった。
e0009283_043323.jpg

 
# by babeha | 2010-07-19 00:11 | Allie

商売繁盛らしくて・・・

Allieの誕生日祝い、というわけではないが、そろそろトリミングと思って予約の電話を入れたのが三週間前。

送迎付きだが、こちらは日曜日しか対応ができない。 6月7日に「次の日曜日お願いします」と言うと、13日は予約が一杯だとのこと。 じゃ、その次の日曜日にと言うと、その日も一杯。 結局三週間先ということになった。 その三週間先の6月27日がやっと今日やって来た。(その間に、Allieご自慢の長~い睫毛は飼い主の手によってばっさりと伐採されていた。)

不景気でなんでも節約という時代に、ペット産業だけは前年度20%アップの、毎年右肩上がりだという話を聞いた。 トリミングの予約がこうも取り難いということは、その話はあながち大げさでもないようだ。 そういえば、我が家でも飼い主が最後に美容院に行ったのは3月末のこと。 人間は我慢しても、ペットはそうも行かないか。

究極の節約は、飼い主が自らトリミングすること。 しかしそんな恐ろしいこと、できるわけない。

プロ仕様の今日のAllie。 「わんこす」さんは改めてAllieの睫毛伸ばしに挑戦。
e0009283_1525234.jpg

e0009283_1534389.jpg

# by babeha | 2010-06-27 15:08 | Allie