正しいことをするのは難しい

昨日のスクールで非常に解決の難しい問題を先生から出された。それはいつも利用している公園のこと。

「あの公園はノーリードのわんちゃんが多いし、排泄物もたくさん残っている。皆さんでノーリードの犬がいなくなるよう努力して下さい」確かによく見かける。しかも2~3頭連れている人に多いような気がする。

犬をノーリード状態にすることの危険を改めて考えてみる。
①犬が突然道路に飛び出す。
犬自身が車にはねられることもあろうし(実際公園周辺でノーリードの犬が死んだ)、それを避けようとする車の交通事故の原因にもなる。

②犬が興奮して他の人に飛びつき怪我をさせる。
難波の宮跡公園ではそれによりトラウマを持つようになった人に500万円の賠償金を払ったことがあるそうだ。被害者にとってはお金の問題ではないだろうが。それに私達の利用する公園では子供もたくさん遊んでいる。

③犬同士の喧嘩、あるいは一方的な攻撃で愛犬が怪我をする。
この経験者は多々いる。

④犬が行方不明になる。
犬が勝手にどこかへ行ってしまう場合もあれば、盗られることもあろう。

⑤犬がどこで排泄しているか分からない。
悪意がなくても、排泄物を残していく結果になる。わが公園では病気を持った犬の排泄物を食べて死にかかったわんちゃんもいる。

私が公園で会うノーリードの飼い主さんは「いい人」であることが多い。毎朝公園に落ちているゴミを集めている人や公園の雑草を時折抜いている人等々。そういう飼い主さんのわんちゃん達も実際攻撃性ゼロの友好的な犬である。そのような人たちと良好な人間関係を維持したいと思っているときには、正義感はどっかへ隠れてしまう。そうかと言って、あまり親しくない人なら注意ができるかというと、それも怖い。

最近公園で見つけた張り紙。
e0009283_955183.jpg

近づいてよく見ると
e0009283_9533651.jpg


今のところ考えているのは、この張り紙の隣に「犬はつないで散歩させましょう」みたいな張り紙をしようか、ということ。夜誰も見ていないときに、こっそりと。
by babeha | 2007-04-30 10:00
<< 久し振りのトリミング Dog School Repo... >>